YAMAP

登山・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

鼻血流して頑張った伯耆大山

えらかしさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:新米中年登山愛好家です。体力のなさには自信がありますが、ほぼ毎回単独で行動してます。最近はたまに小学6年生になった次男坊が付き合ってくれます。
  • 活動エリア:福岡
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1959
  • 出身地:長崎
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

大山(鳥取県)・甲ヶ山・野田ヶ山

2016/05/06(金) 13:22

 更新

鼻血流して頑張った伯耆大山

公開

活動情報

活動時期

2016/05/04(水) 08:48

2016/05/04(水) 15:04

アクセス:272人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間6時間16分
  • 活動距離活動距離6.26km
  • 高低差高低差967m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り1,228m / 1,213m
  • スタート08:48
  • 1時間50分
  • 六合目避難小屋10:38 - 10:55 (17分)
  • 1時間19分
  • 頂上小屋12:14 - 12:33 (19分)
  • 50分
  • 六合目避難小屋13:23 - 13:47 (24分)
  • 1時間17分
  • ゴール15:04
もっと見る

写真

動画

道具リスト

文章

今回は以前より計画していた鳥取の大山に次男坊と行ってきました。

5月3日午後知人の結婚式に出席した後、ほろ酔い気分で18時のフェリーで福岡へ。
博多駅周辺で夕食を摂ったりしながら午後10時25分発の高速バスを待ちました。
翌朝午前5時35分に米子駅到着、7時20分発の大山寺行路線で登山口へ。
大山寺バス停のある大山情報館でトイレを済ませたり、登山届を出したりして、
午前9時ごろから登り始めました。

凄く良い天気で、登山者も大勢でしたが、予報通り山頂周辺での強風は凄かった!
(写真では伝えられないのが残念です)
息子連れだったので無理できないと思い、息子の様子を見ながらの登山でしたが、
強風に対しては、さすがタダのブタではありませんでした。太っててよかったね!
勿論、途中の何でもない登山道で直ぐに弱音を吐くのは計算済み!

今回息子は行きも帰りも鼻血を出しながらの登山となりましたが、山頂付近の
台風並みの強風もあり、まあよくやった方かなと思います。

夜行の高速バスなど初体験で疲れがでたのか、今朝博多に帰ってからも
鼻血を出していました。
おかげで大勢の人でごった返す博多駅でも鼻栓をして歩き回ってたし、
港でも今度は反対の鼻から出血するなど、疲れなのかオンスなのか
わからない状態でした(笑)

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン