YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

妙高山(敗退、ペキンにはまだ早すぎました・・・)

ペキンさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:最近自分の登山スタイルを見失っています・・・
    百名山達成状況(2016/8現在19/100)
    このペースだと後14年かかります。
  • 活動エリア:島根, 鳥取, 広島
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1964
  • 出身地:
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

妙高山・火打山・藤巻山

2016/05/09(月) 10:51

 更新

妙高山(敗退、ペキンにはまだ早すぎました・・・)

公開

活動情報

活動時期

2016/05/04(水) 09:08

2016/05/04(水) 19:34

アクセス:330人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,724m / 累積標高下り 1,726m
活動時間10:26
活動距離15.48km
高低差1,628m
カロリー5078kcal

写真

動画

道具リスト

文章

息子とのGW遠征初日は新潟県の妙高山。
「標高2400m?大丈夫じゃね~?」
「残雪?大丈夫じゃね~?」
「登山道未整備?大丈夫じゃね~?」
「コースタイム7時間30分?余裕余裕!」
という、安易な気持ちで登山開始。
あいにく当日の朝は雨。天気予報は9時からやむとのこと。スカイケーブルの運転は8時30分から・・・
結局9時30分に雨が上がりスカイケーブルに乗り込む。既にここで1時間のロス
(これが後々尾を引くことに・・・)
いきなり登山口がわからない。これはスカイケーブルのおじさんに尋ねて解決。
そしていつもの遅いペースで黙々と登る。
大谷ヒュッテから道迷いを連発するが天狗堂、光善寺池と順調に通過・・・・と思ったら、予想以上に時間がかかっている。
いつもの遅いペース+道迷い+残雪=日暮れに間に合わないの図式が出来上がる。
2100m辺りでザックをおろし空荷で登ることに・・・
そしてここから本格的な道迷いが始まる。
木々をかき分け高度を上げていくがだんだん傾斜がきつくなってくる。
そして、下山時間を考えてのタイムリミットとともに反り立つ壁が登場!!
もう手の届くところまで来ていたのだが、無念の敗退。
駐車場にたどりつく頃には真っ暗。
初めての山、残雪期、2000mオーバー、スタート時間、ペース配分・・・・
全てにおいて甘かったペキンでした。
ただ、こんな甘甘でも無事下山できたことでよしとしましょう!

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン