YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

久住 避難小屋のまわりぐるぐる

ポッケさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:2014年に紅葉山歩きに誘われてから山歩きを始めました。
  • 活動エリア:
  • 性別:女性
  • 生まれ年:1969
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

久住山(九重)・大船山・星生山

2016/05/07(土) 07:33

 更新

久住 避難小屋のまわりぐるぐる

公開

活動情報

活動時期

2016/05/05(木) 03:59

2016/05/05(木) 11:48

アクセス:351人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 994m / 累積標高下り 1,135m
活動時間7:49
活動距離11.27km
高低差462m

写真

動画

道具リスト

文章

思い立って初めての朝駆けに挑戦。
しかし牧の戸寝る前から強風。
夜空は月が無くて天の川?が見えました。
歩き始めから強風( ;∀;) けど暗闇の中の方が周りが見えないので気がつけば避難小屋。
久住分かれは暴風。
久住山頂前では這いつくばって登る。山頂奥には進入禁止テープ。
岩にくっついてないと飛ばされそう。
とりあえず避難小屋でオヤツ。
あまりの空の綺麗さに中岳へ、ほんの少しだけ弱まったけど暴風。
今の時期、岩場は素早く抜けなさいとの事だけど、岩の陰しか風が来ない所は無い。
スローモーションのようにしか動けない。風に飛ばされないよう歩く。
そのまま天狗ヶ城へ、ここ迄殆ど人に会わなかったけど御池を歩く人々がチラホラ。
天狗ヶ城までは、かなり風が弱くなって普通に歩けたけど、
気を抜くとボフッと風に煽られる。
再び避難小屋、だんだん人が歩いてくる人が増えて。みんな久住が好きなんだな、
歩きたいんだなと思った。
またまた悩むも時間があるので星生山へ、
山頂で何処から降りるか悩んでいると山のおやじ様が「稜線歩いて降りれるよ。」と
仰ったので歩いたら、本当に降りれた(*・ω・*)湿地を近くに観れてよかった。
けど登るには苦しかろうなあ・・・
暴風で心に余裕が無く写真が乏しかった。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン