YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

大雲取・小雲取 那智駅~熊野本宮大社 2テン泊3日+2後夜泊

秀とろさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:2015年3月に相模原から神戸に引っ越してきました。

    小6の息子、小2の娘、妻と一緒に一家4人で登山をしています。

    息子が年長のとき、保育園の先生に勧められ、ほちゃほちゃだった息子の体力作りのため山登りを始めました。

    数年後、息子の腹筋が割れました。

    そして、その先生のお蔭で、「山登り」という家族みんなの趣味ができました。

    YAMAP地図のコースタイムと実際にかかった時間の比較の目安として
    APC値(Actual time Per Course time)(勝手に命名)を記録してます。

    定義:APC値=(実際にかかった休憩込みの時間)/(コースタイム)
    ※ただし、昼飯などの長い休憩はAPC値に含めてません。
    ※参考程度の数値です。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ルート難易度感想例一覧(活動日記に書いたLvの照会用)
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ・私の個人的な感想なのであくまでご参考程度に。
    ・純粋な通過技術難易度で、迷いやすさや、気象の変わりやすさ等は考慮していません。
    ・無積雪期好天時。難易度は天候に寄って大きく変わる可能性があるのでご注意ください。
    ・Lv11をMAXに設定している訳ではありません。それより難しいのはまだ行ったことがないだけです。
    ・ご意見があればメッセージをください。

    Lv1 六甲山(兵庫)魚屋道、高尾山(東京)全ルート、木曽駒(長野)千畳敷カールから中岳経由

    Lv2 木曽駒(長野)中岳の巻道、至仏山(群馬)東面登山道

    Lv3 空木岳(長野)大地獄・小地獄、伯耆大山(鳥取)ユートピア、岩殿山(山梨)稚児落とし方面

    Lv4 六甲山(兵庫)芦屋地獄、六甲山(兵庫)AB懸ルート

    Lv5 宝剣岳(長野)北陵、槍ヶ岳(長野)槍の穂先、空木岳-桧尾岳間(長野)

    Lv6 宝剣岳(長野)南稜

    Lv7 六甲山(兵庫)西山谷、石鎚山(愛媛)三の鎖、試しの鎖

    Lv8 六甲山(兵庫)大月地獄、中俣、剱岳(富山)別山尾根、金峰山(山梨)五丈岩

    Lv9 六甲山(兵庫)A懸岩

    Lv10 鳳凰三山(山梨)オベリスク頂上岩

    Lv11  六甲山(兵庫)プロペラ岩

  • 活動エリア:兵庫
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1978
  • 出身地:神奈川
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

中辺路(東・雲取越)

2016/05/11(水) 13:29

 更新

大雲取・小雲取 那智駅~熊野本宮大社 2テン泊3日+2後夜泊

公開

活動情報

活動時期

2016/05/03(火) 15:30

2016/05/05(木) 11:53

アクセス:521人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 6,975m / 累積標高下り 6,907m
活動時間44:23
活動距離47.29km
高低差868m
カロリー25514kcal

写真

動画

道具リスト

文章

昔、紀伊田辺経由で中辺路を歩いて熊野本宮大社にたどり着いた参詣者は、熊野川を船で下って熊野速玉大社に詣で、そこから海岸沿いと山道を歩いて熊野那智大社へ参り、大雲取・小雲取を超えて本宮大社へ戻ったそうです(これも中辺路の一部)。

前回、滝尻から本宮大社へ歩いた中辺路の続きとして、今回はこの熊野三山巡りに行ってきました。本宮からJR那智駅まではバス・船・電車で移動し、そこから本宮大社までの50㎞弱を2テン泊3日の行程で歩きました。

今回の荷物は私20kg(+途中で購入した食料推定1.5kg)、妻11kg強、息子12kg、娘5kgという構成でした。水は現地での補給を見込んでぎりぎりまで減らしましたが、2泊分の食料が嵩みました。


1日目 5/3(火)曇りのち雨
神戸から車で本宮大社へ。8:40の新宮行きバスに乗り、船下り(要予約)の事務所がある日足で下車。受付を済ませて川下りの出発点までマイクロバスで送ってもらいます(所要5分)。10:00から1時間半かけて速玉大社のある新宮までのんびりと船旅を楽しみました。大きな荷物は船に乗せられないですが、マイクロバスで新宮まで運んでくれます。

新宮では速玉大社と神倉神社にお参り。神倉神社は速玉大社から徒歩5~10分のところにあります。熊野三山の神様が降臨したと言われるゴトビキ岩までは500段ほどの石段を登ります。

新宮駅から14:20の電車に乗り、那智駅へ。那智駅前の「道の駅なち」で腹ごしらえをしつつ食料を調達し15:30に歩き始めました。大門坂あたりで雨が降り始め、那智高原公園(休園中)に着いた頃には土砂降りになっていました。幸い東屋があったので、そのそばにテントを張ることに。その晩は暴風雨で、テントポールが折れないか心配なくらいテントがたわみ、何度も目を覚ました。

2日目 5/4(水) 晴れ
5時半ごろ起床。昨日とは打って変わって快晴でしたが、朝は相変わらずの強風。

昨日は那智大社、青岸渡寺、那智の滝すべてをスルーしてきたので、まずは空身で来た道を30分ほど引き返し、その3つに行きました。じっくりと見すぎたか(途中朝ご飯も食べましたが)、テントに戻った時には10時近くになっていました。片づけを済まして出発したのが11:10.予定よりだいぶ遅くなりました。

大雲取は熊野古道らしいいい道でした。それにしても重い荷物のせいでペースがなかなかあがらず、小口の集落に着いたのが17:30頃。本来ならここで宿を取るべきだったのですが、実は翌日の昼前に本宮に着かなければならない約束があり、もう少し頑張ることにしました。

小口の集落の人もいい人たちばかりで、「河原に泊まっても大丈夫だよ」とか「うちの敷地にテント張ってもいいよ」とか言ってくれました。そのお言葉に甘えたいと思いつつも、先を急ぐため小雲取に入ります。ヘッドライトを点けて1時間ほど登り、夜もすっかり更けた19:40頃、桜茶屋跡に着きました。東屋の隣にちょうどいいスペースがあったので、そこにテントを張ることにしました。

星のきれいな夜でした。

3日目 5/5(木) 晴れ
朝5時起床。出発は7:10。3日目で荷物がだいぶ軽くなり、軽快に歩いていきます。小雲取は大雲取に比べると古道感はあまりありませんが、明るく気持ちのいい道が続きます。小雲取の終着地、請川に着いたのが10時半くらい。そして、何とか昼前の11:35頃本宮に到着することができました。

そこには、3月に中辺路を歩いた時に酒屋で出会って我々を泊めてくれた近露のおじさん(山登りじいじ)が待っていてくれました。

約束というのはこの方との約束だったのです。

前に泊めてくれたとき、「GWには茶摘みにおいで」と言ってくれていたのが、今回実現したのでした。まさか、あの出会いがこのように発展するとは夢にも思っていませんでした。

車で伏拝王子に移動し、山登りじいじの親戚の茶畑で楽しく茶摘み体験をさせていただきました。同じく前回酒屋で出会ったおじさん(寝返りじいじ)も一緒でした。

その後、我々だけ渡良瀬温泉でひとっ風呂浴びたあと、山登りじいじの家がある近露へ移動。

そこでは、寝返りじいじがバーベキューの準備をしてくれていました。地元の人たちが10人以上集まり、美味しい食べ物とお酒で、楽しい近露の夜が更けていきました。

因みに妻、酔いつぶれました。滅多なことでは酔いつぶれない妻ですが、楽しくてお酒が進みすぎたようです…

この日は山登りじいじの家に宿泊。

4日目 5/6(金) 雨
朝、山登りじいじの畑で土を耕し、サツマイモを植える体験もさせてもらいました。地元の方が、子供達にいい体験をとツルを用意してくださったそうです。本当に人の優しい土地です。

次はこの芋を収穫する秋においでと言っていただき、ふたりのじいじから大量のお土産をいただいて、別れを惜しみつつ近露を後にしました。

近露、いい土地です。



その後、車で本宮に行き、本宮大社と、前回行かなかった大斎原(おおゆのはら、明治の水害前まで本宮大社があった地)にお参り。

この日は那智勝浦の宿に一泊しました。

5日目 5/7(金) 晴れ
太地のくじら博物館に寄りました。博物館と水族館が一緒になったような施設で、私はかなり楽しめました。

20時半ころ神戸に帰宅しました。


【行動記録】
1日目 9.6㎞ 活動時間3:30 CT2:45 APC  1.3
2日目 22.6㎞ 活動時間8:30 CT6:00 APC 1.4
3日目 15.1㎞ 活動時間4:25 CT3:55 APC 1.1
※CTは和歌山県観光協会の地図参照
この地図、コースタイムが厳しめな気がします。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン