YAMAP

登山・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

蛭ヶ岳・丹沢山・塔ノ岳(大倉・戸川公園出発)1672.7m・1567m・1491m【日帰り】

winterheatさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:年齢とともに落ちてきた体力の維持と大好きな春スキーに備えての体力造りを兼ねて、以前より憧れていた登山を始めました。

    真っ白な雪山が好きですが、季節毎に景色を替える山自体が好きなので、無理せず楽しみたいと思います。

    winterheatだけに、夏は冬眠ならぬ、夏眠中…ウソです(笑)

    いつも単独がほとんどですが、グループで行くお山も楽しいですね🎵

    気軽にお誘いや、いろいろ教えてくれると嬉しいです。

    7月中旬で登山歴1年🔰となります。
    現在、山小屋、テン泊未経験者です😵
  • 活動エリア:埼玉, 神奈川, 山梨
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1969
  • 出身地:神奈川
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

丹沢山系

2016/07/03(日) 00:03

 更新
神奈川, 山梨

蛭ヶ岳・丹沢山・塔ノ岳(大倉・戸川公園出発)1672.7m・1567m・1491m【日帰り】

活動情報

活動時期

2016/05/05(木) 06:04

2016/05/05(木) 16:20

ブックマークに追加

アクセス

567人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間9時間38分
  • 活動距離活動距離25.38km
  • 高低差高低差1,355m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り3,847m / 3,915m
  • スタート06:04
  • 56分
  • 駒止茶屋07:00 - 07:21 (21分)
  • 11分
  • 堀山の家07:32 - 07:36 (4分)
  • 31分
  • 花立山荘08:07 - 08:10 (3分)
  • 23分
  • 日ノ出山荘08:33 - 08:35 (2分)
  • -
  • 塔ノ岳08:34 - 08:45 (11分)
  • -
  • 尊仏山荘08:35 - 08:45 (10分)
  • 44分
  • 丹沢山09:29 - 09:43 (14分)
  • -
  • みやま山荘09:29 - 09:43 (14分)
  • 1時間23分
  • 蛭ヶ岳山荘11:06 - 11:10 (4分)
  • -
  • 蛭ヶ岳11:08 - 12:01 (53分)
  • -
  • 蛭ヶ岳山荘12:00 - 12:01 (1分)
  • 1時間6分
  • みやま山荘13:07 - 13:12 (5分)
  • -
  • 丹沢山13:07 - 13:12 (5分)
  • 1時間2分
  • 尊仏山荘14:14 - 14:24 (10分)
  • -
  • 塔ノ岳14:14 - 14:24 (10分)
  • -
  • 日ノ出山荘14:24 - 14:24 (0分)
  • 17分
  • 花立山荘14:41 - 14:44 (3分)
  • 22分
  • 堀山の家15:06 - 15:09 (3分)
  • 1時間11分
  • ゴール16:20
もっと見る

写真

動画

道具リスト

文章

【概略】
コース
 行き 大倉➡塔ノ岳(とうのだけ)➡丹沢山(たんざわさん)➡蛭ヶ岳(ひるがたけ)➡昼食
 帰り 蛭ヶ岳➡丹沢山➡塔ノ岳➡大倉
  コースタイム 今回のタイム(休憩含む)  
行き 7時間30分 5時間 6分(昼食50分)
帰り 5時間40分 4時間32分
合計 13時間10分 9時間38分(コースタイムの約73%)

ザック重量 約7㎏
水分 500ml×4本(ビッタリ!)
   カップラーメン&コーヒー用500ml×1本
   ドリンクゼリー 3個
ストック(スタートから使用)

遂に念願の蛭ヶ岳チャレンジの機会がやってきました。仮眠してしまうと起きられそうにないので、朝3時半まで起きていましたが、眠くなり、結局5時まで仮眠してしまいました。
朝5時40分位に大倉の個人駐車場に駐車(500円)し、速攻で準備して出発しました。

今回は、終始ピーカンで最高でした。もちろん富士山もハッキリと見えて最高の登山となりましたが、丹沢山から蛭ヶ岳までは、下って登っての繰り返しで、本当に厳しい登山でした。

丹沢山から蛭ヶ岳へ向かうときには膝に違和感が感じられ、帰りが不安になりました。
案の定、丹沢山まで戻ってきたときには膝が痛み始めましたが、気合でなんとか下山しました。

下山したときにはHPはまだ少し残っていましたが、膝の痛みで限界でした(笑)
少ない登山経験の中でも、北岳のハードな登山を超える位ハードな登山でした。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン