YAMAP

登山・アウトドアの新定番

ゲストさん

ホーム

膝痛によるエマージェンシールートを重要視

密林野郎さん

  • マイスター  シルバー
  • 自己紹介:Amazonの今すぐ買うボタンは地獄へのボタン。
  • ユーザーID:164486
    性別:男性
    生まれ年:1986
    活動エリア:東京
    出身地:埼玉
    経験年数:10年未満
    レベル:初心者
  • その他 その他

丹沢山系

2016/05/07(土) 01:35

 更新
神奈川, 山梨

膝痛によるエマージェンシールートを重要視

活動情報

活動時期

2016/05/05(木) 09:12

2016/05/05(木) 19:28

ブックマークに追加

アクセス

200人

文章

久し振りに丹沢に行って参りました。

塔ノ岳に登ったのですが、途中で膝痛が発症してしまい、下山が大変でした。その話は後程記載します。

『てんきとくらす』というサイトをご存知でしょうか?http://tenkura.n-kishou.co.jp/tk/kanko/kad.html?code=14150011&type=15&ba=kk

私はGW中になんとか塔ノ岳に登ろうと思っていたのですが、このサイトを見て日にちを見図りました。登山コンディションがわかりやすく、とても便利でした。今回の登山は、このサイトで登山日和の5日を選択し、とってもキレイな富士山をポカポカな陽気で見ることができました!また利用したいと思います。

さて、今回の登山ですが、大倉から塔ノ岳の道中の1200メートルぐらいから左膝が痛くなり始めました。大丈夫かなー?と能天気に頂上まで登ってはみたのですが、頂上に着く頃には、膝を曲げるだけで激痛が走るぐらいなってしまいました。いやー甘く見てました。

大倉から塔ノ岳の道は、結構な傾斜の階段が連続して続き、太ももや腰、膝に負担がきてしまったようでした。頂上で小一時間考え、大勢の下山客がいて、急な傾斜の来た道で下山するのは困難ではないかと。

じゃあどうするか。二俣からの道であれば、あまり下山客がおらず、そこまで急な傾斜ではなかったはずだと考えました。下山に時間がかかってしまうが、他の登山客から急かされて更に膝を痛めるよりかましな判断と考えました。
それはやはりベストな考えだと下山後も痛感しました。いやー長かったけど、良い経験になったし、エマージェンシールートは考えておくべきだなーと痛感しました。

あと、杖はどんな時も持っていくべきだなーと思い、装備リストに追加したことは言うまでもありません。今回の登山では、落ちていた枝をストック代わりにして下山しました。
反省と教訓の塔ノ岳登山になりました。皆さんもお気を付けて!

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間10時間16分
  • 活動距離活動距離16.30km
  • 高低差高低差1,214m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り2,322m / 2,310m
  • スタート09:12
  • 1時間24分
  • 駒止茶屋10:36 - 10:42 (6分)
  • 14分
  • 堀山の家10:56 - 11:10 (14分)
  • 1時間9分
  • 花立山荘12:19 - 12:36 (17分)
  • 37分
  • 日ノ出山荘13:13 - 13:18 (5分)
  • -
  • 塔ノ岳13:16 - 14:15 (59分)
  • -
  • 尊仏山荘13:18 - 14:13 (55分)
  • -
  • 日ノ出山荘14:02 - 14:16 (14分)
  • 5時間12分
  • ゴール19:28
もっと見る

写真

動画

道具リスト

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン