YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

せっかくのGW 登っていない山に行こう! 菱ヶ岳(新潟県)

ken3さん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:2014年に本格デビュー。新潟の他、2016年は東北の山々、谷川岳、長野県北部を中心に活動しています。

    〜〜〜 これまでの主な山行 〜〜〜

    ▲百名山 22
    八幡平(姫その1)
    岩手山(三ツ石山🍁に続く2座目)
    月山②(花コレ、リベンジ)
    蔵王連峰(コマクサ)
    飯豊連峰(YGK会4人2泊3日)
    吾妻山(夏山☀)
    安達太良山③(3コース)
    磐梯山④(YGK会他)
    会津駒ヶ岳(YGK会)
    燧ヶ岳②(フランス青年との出会い他)
    那須連山③(YGK会煙草屋泊、縦走フェス②)
    男体山(晩秋)
    谷川岳②(土合〜土樽縦走②)
    越後駒ヶ岳(夏山☀)
    巻機山②(真夏☀,初冬⛄)
    苗場山④(紅葉🍁、親子、残雪❄、ワタスゲ)
    火打山(紅葉🍁)
    妙高山(初雪❄)
    雨飾山(女神の横顔)
    高妻山(最後の急登最高~)
    四阿山(春山)
    富士山② (親子他)

    ▲2百名山 6
    栗駒山(姫その2破線ルート)
    帝釈山(YGK会3人)
    朳差岳(ハクサンイチゲ)
    八海山②(鎖場天国,YGK会3人☁)
    仙ノ倉山(平標~)
    守門岳(青雲岳〜袴岳〜大岳周回)

    ▲3百名山 2
    乳頭山(紅葉🍁)
    一切経山(五色沼)

    ▲その他
    ★岩手
    三ツ石山(紅葉🍁)

    ★山形
    姥ヶ岳(〜月山)

    ★福島
    三国岳:飯豊連峰(2人)
    大日岳:飯豊連峰(YGK会4人)
    雄国山〜猫魔ヶ岳(降雨祈願)
    蒲生岳(本名御神楽撤退:YGK会3人)
    箕輪山(安達太良山〜)
    田代山(~帝釈山YGK会3人☔)

    ★新潟
    頼母木山(朳差岳〜)
    弥彦山(合格祈願)
    守門大岳(東洋一の雪庇⛄)
    守門青雲岳(ニッコウキスゲ,ヒメサユリ)
    茂倉岳(谷川岳オキの耳〜)
    平標山(〜仙ノ倉山)②
    坂戸山⑥(親子他)
    菱ヶ岳:上越(残雪❄)

    ★長野
    根子岳(〜四阿山)

    〜〜〜 ハイキング他 〜〜〜
    ★秋田
    小安峡
    川原毛地獄♨

    ★岩手
    須川高原温泉🍁

    ★宮城
    奥松島:嵯峨渓🌅,大高森🍁,月浜

    ★福島
    尾瀬:御池~東電小屋(YGK会)🍁

    ★栃木
    龍王峡🍁
  • 活動エリア:福島, 新潟
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1969
  • 出身地:新潟
  • 経験年数:
  • レベル:中級者
  • その他 その他

信越トレイル その3 (関田峠から天水山まで)

2016/05/09(月) 21:48

 更新

せっかくのGW 登っていない山に行こう! 菱ヶ岳(新潟県)

公開

活動情報

活動時期

2016/05/06(金) 09:28

2016/05/06(金) 11:49

アクセス:186人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,140m / 累積標高下り 2,186m
活動時間2:21
活動距離8.71km
高低差550m
カロリー1288kcal

写真

動画

道具リスト

文章

昨日四阿山に登ったばかりですが、今日もしっかり登ってきました。
……………………………………………………………………………………………………
GWも終盤。5月1日に出勤した分、今日はおやすみ。
朝起きたら天気が良い♪これは行かねば!
少し離れているが、上越市安塚にある菱ヶ岳をチョイス。キューピットバレイスキー場のグリーンパークを目指す。が、場内で迷う。(汗)
スタートからはスキー場のゲレンデを登る。日射しが強く正面からの風は強くて生暖かい。
負けずに登る事30分、ようやくゴンドラ駅に着く。
右に登山口を見つけ、いざ入山。朽ちた木道を進みミズバショウの群生を抜けると、なんと!道がない!木道は雪に埋まりピンクテープも見つからず、しばしウロウロ。
奥の方にようやくテープを見つけ、うっすらと残るトレースを頼りに進む。
途中、雪渓になっており、踏み抜かないよう崖側を歩く。どうしても渡らなければならない箇所もあり足元から聞こえる沢の流れに肝を冷やす。
沢を離れ急勾配の坂を登る頃には雪も無くなる。
イワウチワが沢山咲いている。しばらく登ると視界が開け、里山の絶景が広がる。
山頂に着くが風が強く、お堂に逃げ込む。登山者の記名帳に書き込む。昨日は3組ほど訪れた様だ。
当初ピストンを考えていたのだが、前述の雪渓にびびり、コースを変更。周回コースを取る。
急勾配の斜面には、ロープがある為、難なく下れる。
下りも頼りない雪上のトレースとテープを探しながら進む。途中大木が倒れていて道を阻むが、何とか前進。下山道はあっと言う間に終わり、アスファルトの道を下る。ガイドブックによれば5kmの道程とあったため、それを嫌いスキー場のゲレンデを横断していく。YAMAPを確認しながらなんとかゴール。
変化のないアスファルト道は辛かった〜。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン