YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

山はおまけ。酒浸りなGW後半2日目、中部遠征@荒島岳

雪野さん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:永遠の初心者
    常にぼやきながら登っています(ヽ´ω`)グッタリ
    だって疲れるし_ノ乙(、ン、)_

    こちらからのフォローは、仲良くさせて頂いてる方のみとさせて頂いてます。
  • 活動エリア:新潟, 福島, 山形
  • 性別:女性
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:新潟
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

荒島岳

2016/05/16(月) 21:19

 更新

山はおまけ。酒浸りなGW後半2日目、中部遠征@荒島岳

公開

活動情報

活動時期

2016/05/06(金) 09:18

2016/05/06(金) 15:27

アクセス:218人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 3,147m / 累積標高下り 3,050m
活動時間6:09
活動距離9.04km
高低差1,267m
カロリー2686kcal

写真

動画

道具リスト

文章

GW最終山行。
早朝6時。
朝食はカレーと、キャンプ場の脇にワサワサ生えてたフキの煮物ブッ(´→з←):;*.:
て事で、九頭竜キャンプ場を出発し、勝原スキー場へと向かいます(((((((((((っ・ω・)っ ブーン
お天気が微妙なのが分かってるので、T先生に「ねぇ登るの~?マジで~?」とグダグダ言ってみますが「雨具着るつもりでいて(キッパリ)」吐き捨てられたーガ━━ΣΣ(゚Д゚;)━━ン

駐車場からはスキー場を登って進みます。
このスキー場が、もしかしたら今回一番の難所だったかもしれません( ゚ェ゚)・;'.、ゴフッ
先生方も「きついわ~」って言いながら登ります。
T先生がやたら田中陽希の真似して、ものすごいスピードで登ってくので「バテてしまえ!」と吐き捨てました、先生なのに*:.。.ニッコォォ(´^ω^`)ォォオォオ.。.:*
40分ほど歩いてリフトの残骸のある場所で小休止して、再スタートを切った時、衝撃なる物が目に入る。。。

「荒島岳登山口」

こんだけ汗だくでゲーゲー言いながら登って来たのに、登山口だと??今までの苦労は何なんだ(ノ`Д´)ノ キィィィ
と、怒りの後にゲッソリしましたil||li (つω-`*)il||li

ブナのきれいな山でしたが、前日の山同様、1000mを超えても立派なブナがたくさんあり、あまり雪深くないのかな?って思いました。
森林限界を迎えたのが、1400mを超えたぐらいだったかもしれません。

途中、シャクナゲ平で休憩してると、別ルートからおじさんが上がって来て、今朝飛行機で来て、日帰りで登ってそのまま東京に帰るという、ハードスケジュールなおじさんでしたΣ(゚д゚lll)
100名山踏破まであと15座らしく、聞いたところ、ゆるゆるなとこしか残ってないらしいです。
日々年を取ってく訳ですから、きついとこから潰して行ったのは正解ですね♪

シャクナゲ平からがくーっと下がって、また登り返します_ノフ○ グッタリ
ここからはちょっと様相が変わって、若干危なげな感じですが、ここで雨がちらつき始め、T先生「やっぱ降っただろ」的な御満悦顔(違うだろww)
稜線に上がると、お花がいっぱい咲いていて、我慢できずにしまったカメラをザックから出します。

山頂からの展望はなし、天気もイマイチなので即下山。
下山時、T先生の「雨具着て蒸れて汗かいてるから、今日のビールはうまいぞー」のガッツポーズに「ヨウキ、バカじゃね」と暴言を吐いたのは私です((´∀`))ケラケラ
田中陽希のマネばっかしてるし、苗字の響きが似てるので、この日からヨウキと呼ぶ事にしました。

この日はゆっくりしたいって事で、フレアール和泉のホテル泊。
温泉から上がって浴衣を着たら、帯を持ってくるのを忘れたようですガ━━(;゚Д゚)━━ン!!
しょうがないので、自力で浴衣を押さえて部屋に戻りました( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
で、すぐ宴会です。もうすぐ夕食なのに。
てな宴会を続けましたが、さすがにこの日は10時半で撃沈でした。
翌日は特に観光するところもなさげなので、そのまま新潟へ(((((((((((っ・ω・)っ ブーン

で、ホテルに帽子忘れたり、N先生のプラティパス持って帰って来ちゃったり、ロクな事をしない雪野さんで、長いGWを締めくくりました_(ˇωˇ」∠)_ スヤァ…

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン