YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

久々のトレッキング

黄昏屋さん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:銀嶺の覇者
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1968
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

丹生山・帝釈山・シビレ山

2016/05/07(土) 17:07

 更新

久々のトレッキング

公開

活動情報

活動時期

2016/05/07(土) 09:55

2016/05/07(土) 15:27

アクセス:228人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,470m / 累積標高下り 2,470m
活動時間5:32
活動距離22.12km
高低差467m

写真

動画

道具リスト

文章

今日は約半年ぶりのトレッキングへ。
久々に裏六甲の丹上山系縦走路を歩いてみました。
いつも通り箱木千年屋の駐車場に車を停め、つくはらサイクリングターミナル裏からスタートです。
丹上山の山頂まで一気に登ると汗が吹き出してきました。
そのまま縦走路を進み帝釈山へ。
昨日の雨で路面がぬれているため滑りやすいので要注意です。
そして一旦R428へ出て、そこから稚児ヶ墓山へ。
湧水が流れてぬかるんだ道を進みます。
山頂に到着し昼御飯。
休憩もそこそこに再び縦走路を歩きます。
一気に花折山山頂までいくと足がガクガクです。
その後はゴルフ場沿いの舗装路を進みます。
しばらく行くと縦走路から外れて東ノ峰に向かうのですが、縦走路を外れると看板や案内板が全くありません。
目印の赤いテープとYAMAPだけが頼りです。
しかし、一度ルートを見失ってしまいました。
なんとか東ノ峰山頂に到着、そこから青葉台へ抜けるのでが、ここからは目印のテープもほとんど無く、いよいよYAMAPだけが頼りです。
しかし、ルートが消失しているヶ所もありかなり不安でした。
途中藪こぎに近い状態のポイントもあり苦労しました。
YAMAPのおかげで無事に青葉台にぬけ、車道に出てから箱木千年屋の駐車場まではRUN&WALKで無事に戻りました。
全行程を通してすれ違ったハイカーは一人だけ、後は丹上神社に参拝に来ていたおじさん、この二人にしか会わないという何とも静かで幻想的なトレッキングでした。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン