YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

雲取山 林道と急登 日原~富田新道を行く

nemuさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:あまり時間がないので最近は主に低山を縦走してます♪基本、ソロ登山です。

    低山~高山のロングコース、急登、V字、雪山等のガッツリ山行をこよなく愛しています!

    一方でマッタリと歩く里山低山も大好物で、最近はようやく花木への興味も湧いてきました(^-^)

    山に行ってもログとってないことが多いのでまだ少ないんですが、これから増やしていきますので、よろしくお願いします♪
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1978
  • 出身地:
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

雲取山・鷹ノ巣山(鷹巣山)・六ツ石山

2016/05/11(水) 23:49

 更新

雲取山 林道と急登 日原~富田新道を行く

公開

活動情報

活動時期

2016/05/07(土) 09:05

2016/05/08(日) 08:56

アクセス:761人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,460m / 累積標高下り 2,293m
活動時間11:13
活動距離25.58km
高低差1,414m
カロリー5763kcal

写真

動画

道具リスト

文章

今月もテント担いで雲取山へ。
先月は暴風雨で撤退しているので、晴天に恵まれて良かったです。

今回は日原林道から野陣尾根を歩きました。
このコースは雲取山登山道の中ではかなりのマイナーコース。
ここを登る人はかなり少ないです。
このコースを簡単に説明すると
「2時間の林道歩きの後、奥多摩屈指の急登で一気に山頂へ」
という、ノーマルな登山者には全く魅力のないキャッチフレーズになってしまいます(笑)
そして、M登山者が抱いてしまうワクワク感(笑)
私はたまに行くコースですが、ほぼ林道と急登だけで構成されているので、
決して人にはオススメしないコースです(>_<)

奥多摩駅8時35分発の東日原行きバスは1台増発していました。
乗客のほとんどが川苔山へ、少しの人が鷹ノ巣山へ、
林道方面へ向かったのは、私の他には沢登りに行くという女性お一人だけでした。

東日原から舗装路、未舗装路の順に続く長い林道を歩きます。
ここは東京都最長の林道で、とにかく長いです。
車両通行止めの門を越えたら微妙に勾配がついたクネクネ林道を延々歩きます。これが地味にボディーブロー(>_<)
日原川が林道に平行して流れているので、新緑と川の音が心地良かったです。
林道が終わると、一気に約1000mを登る野陣尾根・富田新道へ入ります。
奥多摩屈指と言われるこの急登は、普通に登ると3時間くらいかかり、
尾根の前半は、奥多摩エリアでよく見かける、そそり立つ壁のような急斜です。
奥多摩の急登は大体行っていますが、斜度と標高差は5本の指に入ると思います。
トレースの一部が落ち葉に覆われていて不明瞭なので、テープを頼りに登ります。
久しぶりに登りましたが、やっぱり良い急登でした(^^)
尾根を半分くらい進むと、
山頂直下までは緩やかな尾根歩きで、とても気持ち良く歩けます。
奥多摩駅で、鴨沢方面へ向かうとんでもない数の登山者を見かけました。
あちらは大混雑していたと思いますが、こちらのコースで会ったのは3人。
尾根は木に囲まれていて展望はそこまでひらけていませんが
左手に石尾根、右手に長沢背稜という山深い景色の中、静かな山歩きができました。
この尾根はとにかく巨木が多く、それらが新緑の葉を纏っているので、急登の尾根でも気持ち良かったです。

久しぶりにこのコースから行きましたが、相変わらずメリハリのあるコースで楽しかったです。
地味な勾配の全く脚に優しくない長すぎる林道の後に登る急登、、結構ダメージ大きいですよ(>_<)
急登好きで林道でも何でも歩く事が好き、という人にはオススメです!
そんな人なかなかいないんですが(笑)
東京都側から登る人で、鴨沢コースの長くダラダラした登りに嫌気がさした人や人混みを避けたい人も是非行ってみてください!

野陣尾根を越えたら、山頂へは行かず、まず奥多摩小屋でテントを張り、
食事と仮眠の後、日の入りに合わせて空身で山頂へ向かいました。
山頂到着後、すぐにガスってしまいましたが、
戻る時に山頂直下で見た、太陽が沈む間際の赤い残光と雲の光景がとても綺麗でした。
日帰りでは、この時間ここにいることはできないので、とてもラッキーでした(^-^)

【コース】
0905 東日原バス停
0940 八丁橋
1045 林道終点
1345 奥多摩小屋
食事、仮眠
1715 テント発
1750 山頂

0715 奥多摩小屋発
0855 小袖

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン