YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

恩智越・立原道から高尾山と柏原市山麓部の石仏巡り

ふぁんトントさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:生駒山系を中心に低山徘徊を楽しんでいます。古道、廃道、鉄塔巡視路など人の少ないところを好む傾向があるようです。

    生駒山系ローカルガイドのモデレーターを務めています。
    https://goo.gl/CkXGyk

    Facebookページ
    http://fb.me/2015juantonto

    Google StreetView|Trusted Photographer
    https://goo.gl/6Frrdj
  • 活動エリア:大阪, 奈良, 京都
  • 性別:男性
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:大阪
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

生駒山・神津嶽・大原山

2016/05/11(水) 08:18

 更新

恩智越・立原道から高尾山と柏原市山麓部の石仏巡り

公開

活動情報

活動時期

2016/05/08(日) 10:01

2016/05/08(日) 15:36

アクセス:258人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,146m / 累積標高下り 1,140m
活動時間5:35
活動距離10.89km
高低差319m
カロリー2567kcal

写真

動画

道具リスト

文章

数日前から体調が悪かったので、ショートコース&近場を条件にルートをチョイスしました。恩智越・立原道を歩くのは久しぶり、入り口にあった廃屋は取り壊され空き地になるなど、ルート上の障害物(倒木、倒竹)も整理されていたように思います。しかし、沢の右岸に渡ってからのルートは斜面状になっていて滑りやすく注意が必要です。装備があれば、沢床を歩く方が楽しいかもしれません。

高尾山ではニセアカシアを楽しみにしていたのですが、どこに咲いていたのでしょうか?それとも散ってしまったのかな。来月になればアジサイが楽しめそうなので、また行ってみるかな。

出発から「関西石仏めぐり―関西一円65コース(著者:清水俊明)」で紹介された柏原市山ノ井、太平寺、高井田の石仏を巡ってきました。同書が出版されたのは1997年のことですが、今でも石仏ファンのバイブル的存在です。(アマゾンでは\20,000前後で古本が売られています)

出版当時とは様子が変わっているところもありますが、訪問した石仏は変わることなく静かに佇んでいます。「新しいモノほど古くなる。古いモノほど新しい」を実感できました。瑠璃光寺(山ノ井町)の境内は意外に奥行きがあって、カエデの新緑がとても鮮やかでした。秋の再訪が今から楽しみです。また、本書で紹介された以外にも興味深い石造遺物が残されており、新たな宿題がまた一つ増えました。。。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン