YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

プチ遭難の竜ヶ鼻(周回)

nodapyonさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:
  • 性別:
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

竜ヶ鼻

2016/05/22(日) 01:45

 更新

プチ遭難の竜ヶ鼻(周回)

公開

活動情報

活動時期

2016/05/08(日) 12:45

2016/05/08(日) 17:10

アクセス:164人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 973m / 累積標高下り 979m
活動時間4:25
活動距離4.90km
高低差581m

写真

動画

道具リスト

文章

低山(スーパー低山)第20弾

朝駆け登山は気力が追い付かず、かつ、天気予報は昼から雨ということで、日の出だけ拝みに❗
ドラゴンボールの元気玉⁉
独りで撮るのは厳しいな⁉
元気玉精製の緊迫した台詞を御望みのかたは、画像をクリック❗

で、寝てたんだが、晴れてるやないかΣ( ̄ロ ̄lll)
ということで、まだ行っていない山でサクッと登れそうなところを探す❗

竜ヶ鼻?
昨年に障子ヶ岳を登った時は、こんな地図なかったけどな?「福智山・尺岳・雲取山」の地図にギリギリ障子ヶ岳入っており登山道の表示はなかったけど、それを使ったのに❗

で、行ってみることに❗

車を駐車する場所がよく分からず、かつ、変なところに停めたくないので、採銅所駅に駐車しバスで行こうとしたが、バスが来ねぇ…歩くには時間がないので、再度車で向かい、結局、旧トンネル前に停めることにした❗

そして…
なんじゃこの山は❗
誰がこの山を登ろうとしたのか❓
しかもこの経路を道にするとは❗
登りは、ずっと急勾配で、大半をロープを持ちながら登る全身運動❗
この軌跡と標高図では伝わりにくいな❗
しかしだ、正に男、いや漢の登山道❗(言い過ぎか?)
ロープはあるところは、引く力と蹴る力でなんとかいいが、脚だけで登る勾配はけっこうキツい❗
標高680mとなめてかかったらとんでもない目に遭う❗
2度と行かないだろうと写真をけっこう撮ったけど、写真では感じが伝わらないな❗
まぁ登ってみてください❗

頂上は開けてて景色はいい、風が強かったけど❗平尾台の方は綺麗である❗
で、腹はあんまり減っていないが、今からのことを考え、取り敢えずラーメン食っとこリッチカップヌードル❗スタミナ付けにすっぽんスープ味❗ビートたけしよ、
「うまいじゃねぇか、バカやろう」
と言うほど美味くはない😖

さて、帰りは違う道でと向かうとまたとんでもない目に遭うことに❗
それがまた、岩場のジャングルか?え?え(゜.゜)道あるんか状態❗
テープが何処にあるのか分からない❗
遠くにうっすらと確認できる道先案内のテープを探しながら降る❗
何年前からのだろうか?テープが古くて見えにくい❗テープでなくビニールが掛かっている所もある❗
何処に向かっていいものか❓
下手したら転落しないか❓
最初は余裕だったが、周りを見渡して、行き先を探すのに不安がよぎる❗
で、1ヶ所滑るがパシッと掴む❗その先に道はない、木や草は茂っているが、崖みたいに切り立っている模様…
なんとか、岩場を脱出し、時間もないので障子ヶ岳方面に向かうのではなく、ここから直接降りるルートに向かうが、見渡す限り道じゃないじゃん❗
岩の河を右手側に見ながら瓦礫?をずりずりと滑り落ちながら進む❗ザザーッ、がらがら、ザザーッ❗石がゴロゴロゴロ~っと勢いよく転げて行く❗
しかし、滑りそうな岩の河も通りたくない❗
そして、これは下から登ってきたくない道や❗
岩場もそうだったが、木が倒れたり、枝が折れたりして、テープが途切れる❗
そして、ついに迷うというか、流れ的にはまっすぐやと突き進み(この時も道というのがなく、滑り落ちる感じ❗)、迷っていることに気付きにくい❗
そうなんですよプチ遭難です(遭難と言えないかもしれないが…)

最初は、
「我々のひとりの旅人が道を見失った!
しかし、これは遭難を意味するのか!?
否! 気のせいなのだ!」(byギレン)
状態もそのうち、
「決定的打撃を受けた旅人に如何ほどの気力が残っていようとも、それは既に形骸である。
敢えて言おう、遭難であると!」(byギレン)

なんか、ヤバイ😱💧と虫の知らせから戻る、やはり、道が違う(-д- 三 -д-)
どうも途中から岩の川を渡らないといけなかったようだ( ´△`)
さっき最後に見た青いテープを探す❗
あった❗
そして次なるテープを探す❗
岩の河にも飛び込み探す探す❗
なんとか岩の河に生えている木の枝に青いテープを見つけ、対岸に渡り他のテープがあったが、またすぐに途切れる❗
どうなってんの❓かつ、途切れる前は、ヤマップ道と逆方向に導かれている❗は?
また、遭難や(;´゚д゚)ゞ
このままだと沢の方に向かってるな…ヤバイ暗くなるな…90度方向転換させ茂みを掻き分けながら無理矢理進む( ゚ε゚;)
信じて突き進む(´▽`)
そして、なんか道っぽいところが見えた、なんか白いものが、枝に掛かってる❗
抜けたー❗
ほっ(〃´o`)=3
帰りも経過を沢山記録したが、写真じゃ分かりづらいので、所々を貼る❗
まぁ、降って下さいヽ(´ー` )ノ

ここは独りで登るもんじゃない(´▽`)
登りも降りも体力は当然だが気力、観察力が必要❗
そして、誰かと話してないと…私みたいな素人には向いてないかな❗
昔、屋久島に行ったときにベテラン(歳を重ねたの意)の山ガールに言われたとおり、山をなめちゃいかん❗

嫌いじゃないけど、遭難仕掛けたから、もう行かなくていいかな❗

【所要時間】
今回も省略(ノ´Д`)ノ
思い出したくない(冗談)

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン