山葉燃瑠さん

サポーター
  • サポーター サポーター No.2125
  • マイスター  マスター
  • 自己紹介:夏はロングハイクを中心に、秋から春はまったり低山歩きをしています。冬は好きですが寒いの苦手です。ラジオの人生相談よく聴いています。
  • ユーザーID:193407
    性別:男性
    生まれ年:公開しない
    活動エリア:岩手
    出身地:沖縄
    経験年数:10年以上
    レベル:
  • その他 その他

六角牛山

2016/05/13(金) 15:35

 更新
岩手

実は…

活動情報

活動時期

2016/05/12(木) 08:28

2016/05/12(木) 13:16

ブックマークに追加

アクセス

371人

文章

来ました(^o^)丿片羽山(雄岳)1313.2 なんで六角牛?地図間違えましたあ~(^O^)/又、今日も和賀山系にはフラれてしまいました(ノД`)・゜・。早朝小雨パラパラ。西の空はどんより、東は明るい空に新緑ピカピカ!ラジオからはユーミンの『緑の町に舞い降りて』が流れているし、もう誘われるまま片羽山来ましたよd(*^▽^*)ここ自己未踏の山です。家から概ね片道50キロ前後が主な活動範囲なんですが、ここまで80キロ以上あと少しで太平洋です。もう完璧に遠征です。片羽山は話や資料からは、ひと気のない深山幽谷をイメージしていました。入口の鳥居を潜ると轍のついた作業道が延々続いています。ホントに目指す片羽山に行くのか不安がよぎる程立派な道です。入口には「片葉山」となっていたし、同じ読みでも違う山ではなかろうか… しかしようやく5合目から登山道に変わり、登山らしくなって来ました(=^x^=)登山道傍の笹は綺麗に刈り払われています。途中、樹間にピークらしのが見えたりします。7合目からは急登になり、8合目辺りからは樹木も矮小化してきました。そして山頂です。ちょっとガスってますが大パノラマです。間違いなく片羽山(雄岳)です。雌岳も指呼の間に見えます。続く尾根はまず低灌木帯から始まっています。でも今日の出で立ちは藪仕様ではないので2~3歩踏み入れただけにしました。風が間断なくゴーゴー吹いています。ちょっと寒い(≧▽≦)

本日の燃度 2+1
※熊対策に叫びながら、息も絶え絶えの登りにプラス。

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間3時間33分
  • 活動距離活動距離8.85km
  • 高低差高低差806m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り1,341m / 1,309m
  • スタート08:28
  • 2時間9分
  • 雄岳10:37 - 11:28 (51分)
  • 1時間48分
  • ゴール13:16

写真

動画

道具リスト

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン