YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

山レポではありません。GWの花レポです。

リンダさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:自然の美しさに触れると、生きてる幸せを感じます。山も川も海も空も、花も虫も鳥も獣も魚もみんな大好きです。それらの多様性を知ると、途方もなく長い宇宙と生命の、歴史と神秘を感じることができて、嬉しくなります。

    神奈川県在住です。山の上で満点の夜空を眺めるのが今の夢です。

    登山履歴
    2012年 7月 観音平から編笠山往復
    編笠山山頂から見た景色で登山が病み付きに。
    2013年 7月 観音平から編笠山往復 
    8月 赤城山 
    2014年 8月 日光白根山 
    11月 高尾山→城山

    これ以降はYAMAPで(^^)。
  • 活動エリア:神奈川, 山梨, 群馬
  • 性別:女性
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:公開しない
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

たんばらスキーパーク・川場スキー場

2016/07/26(火) 14:30

 更新

山レポではありません。GWの花レポです。

公開

活動情報

活動時期

2016/05/13(金) 00:05

2016/05/13(金) 00:05

アクセス:336人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 0m / 累積標高下り 0m
活動時間0:00
活動距離0m
高低差0m

写真

動画

道具リスト

文章

GWに義実家に帰省したときに撮った写真です。
良いGWでした。

5/3 両神山家族登山(別レポ)

5/4 主に義実家の庭とお隣さんの庭、たんばら湿原に水芭蕉を見に行ったとき(ログ無し)の写真

5/5 小6娘のリクエストで岩宿博物館と岩宿遺跡を見に行った時の周辺の花の写真


5/13追記
玉原湿原は初めて訪れましたが、私も尾瀬に似ているなぁと思い、「小尾瀬」と呼ばれていることを後で知りました。しかしなぜか物悲しい。尾瀬に比べて小さいと言うこともあるけれど、湿原というよりは原っぱ。人もまばらで、木道もところどころ腐りかけて崩れていたり。。

-----
一橋大学 一橋植樹会HPより抜粋
玉原(たんばら)湿原は、武尊岳の山麓にあるブナ林に囲まれている湿原で、「小尾瀬」と呼ばれている貴重な湿原です。この湿原の問題点は湿原が乾燥してきている事だそうです。当初、この乾燥化は地球温暖化が原因なのかと思いましたが、然に非ず、戦前に陸軍が馬の為の牧場を作る為にこの湿原の乾燥化を計画したとの事です。自然の水の流れをせき止めたりしたそうです。戦後しばらく、放置されていたとの事で、乾燥化の証である葦などが生えてきたそうです。
-----

昨年初めて尾瀬ヶ原に足を踏み入れた瞬間の感動を、今でも忘れることができません😌。尾瀬の美しさは何十年も前から現在に至るまで、多くの人々の絶え間ない努力によって守られてきた貴重で素晴らしい場所であるということを、この玉原湿原で感じることができました。

水の豊かだった戦前の玉原湿原は、今頃は水芭蕉で埋め尽くされていたのでしょうか?未来の人類が私と同じように感動できるように、尾瀬を、自然を、守り続けていかないと、と思いました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン