YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

笠置山(岐阜県)YAMAPの起動を忘れる失態

赤きつ(赤狐緑狸麺通団)さん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:基本ソロで歩いてますが、最近仲間と歩くことも多くなりました。
  • 活動エリア:愛知
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1967
  • 出身地:
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:中級者
  • その他 その他

二ッ森山

2016/05/15(日) 05:17

 更新

笠置山(岐阜県)YAMAPの起動を忘れる失態

公開

活動情報

活動時期

2016/05/14(土) 10:48

2016/05/14(土) 14:34

アクセス:186人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 510m / 累積標高下り 893m
活動時間3:46
活動距離6.04km
高低差488m
カロリー1672kcal

写真

動画

道具リスト

文章

岐阜県恵那市の最高峰であり、単独峰でもある笠置山へ行ってきました。
ここはボルダリングができる外岩で有名。今日も遠く関西からの車も多く来ていました。
それと、ヒトツバタゴ(なんじゃもんじゃの木)、ヒカリゴケも見られるということで、登山道や林道もよく整備されています。

AM8:30 ヒトツバタゴ駐車場に到着。
トイレ、登山者記帳小屋有り。本来なら、もっと下の公民館辺りから登るのですが、50分ほどの登山道をズルしましたσ^_^;
8:50 駐車場を出発。植林された緩い傾斜の山道を歩くと程なく、ヒトツバタゴ自生地が見えてくる。本州ではここでしか見られないらしいです。
階段状の登山道が続き、あんこ沢のあんこ棲息地の沢に出る。あんことは小山椒魚のことで、生きたまま丸呑みすると美声になるらしい。勇気のある方はどうぞ(笑)

階段状の登山道は続き、出発から1時間ほどで舗装された林道へ出る。ここが高根駐車場。
登山道は舗装路を横断して続くが、ここから舗装路を左に望郷の森方面へ歩きます。
30分程で大岩展望台、ハンググライダー離陸地に着く。眺めが良くて、休憩をとりました。黄砂の為か随分霞んでましたが絶景です。
林道の分岐を右に折れると、望郷の森に到着。駐車場にはトイレ、観光案内板があります。ここからまた登山道に入ります。
直ぐに園地に出ます。そこには展望台やブランコ、東屋があり、童心に帰って遊べます。
ここでザックを下ろして水分補給。
園地からまたまた階段状の登山道は続く。
ここで、大変な失態に気付く!YAMAP起動してないΣ(・□・;)
今更ですが、スタート ポチッとT_T

ペトログラフ群の奇岩が見え出すと、舗装路に出ます。物見岩の駐車場にはトイレ、東屋があります。
物見岩には立派な鉄製の階段が付いており、そこを登ると大パノラマが広がります✨
岩の突端に立つと、お尻のほうがゾワゾワします(笑)
物見岩から少し下ったところには富士見岩があり、ここからも少し違った角度の大パノラマが広がります。ここも素晴らしい!
東屋へ戻り、ここで昼食。忘れず買ってきたノンアルビール😋
山頂エリアへ向けて歩くと、笠置神社奥社が見えて来ます。くぐり岩、百丈岩、千丈岩などの巨石群があり、岩の間にヒカリゴケが見られます。ヒカリゴケと書いてある看板の奥の岩の間には緑色の蛍光色に光って見える苔を見ることができました。他の岩の間も覗いてみるとありました!光ってます(^O^)
山頂と神社の境内にある三角点を確認して、下山します。
下山は笠置山登山道を栗姫林道出合まで下ります。登りに通った高根駐車場を左に折れ栗姫林道を延々と歩きます。これはかなり辛い>_<
一望千金展望台まで下りると、美味しい水が湧いていて飲むことができます。展望台はその名の通り、中津川から恵那市方面の大展望が広がります。
舗装路の林道はまだまだ続き、蛇岩が見えてくる。まるで山から大蛇が顔を出したような奇岩。おもしろい!
舗装路歩きは辛いけど、もうそろそろ今日の山行も終わりが近いです。弘法大師の笠置山月光寺が見えました。
ヒトツバタゴ駐車場も直ぐそこです。

舗装路歩きの多い計画でしたから、登山というよりも、観光ハイキングみたいでした。
でも、大パノラマやヒカリゴケ、巨石奇岩群は一見の価値ありです。

下山後に立ち寄った恵那市のラジウム温泉館は空いていて汗を流して帰るにはいい温泉でした。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン