YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

シロヤシオに会いたくて・・・オヤジ、調子にのり、がんばる!!(塩水橋-天王寺尾根-丹沢山-塔ノ岳)

つるさんさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:家族に「山の徘徊中年」と呼ばれてます。
    陣馬が地元、中央線沿い、富士五湖、丹沢
    そして時々、奥多摩を徘徊中。
    ロングコースが好きなオヤジです(^_^)ゞ
  • 活動エリア:神奈川
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1963
  • 出身地:鹿児島
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

丹沢山

2016/05/16(月) 06:41

 更新

シロヤシオに会いたくて・・・オヤジ、調子にのり、がんばる!!(塩水橋-天王寺尾根-丹沢山-塔ノ岳)

公開

活動情報

活動時期

2016/05/14(土) 06:00

2016/05/14(土) 15:19

アクセス:243人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 4,030m / 累積標高下り 3,950m
活動時間9:19
活動距離21.34km
高低差1,232m
カロリー4749kcal

写真

動画

道具リスト

文章

ついに来ました! シロヤシオの季節! 
いつ、どこの山に行こうか考えていたところ、YAMAPで”天王寺尾根”の
シロヤシオが満開との話を聞きつけ、行ってきました!

* ~ 塩水橋
 前日の天気予報では、丹沢山付近は曇り。
 「今回の目的は”シロヤシオ”なので曇りでも、ガスっていても”シロヤシオ”に
 会えればいいや」と天気は気にせずに塩水橋に向け出発!
 カラッとした晴天ではないが雨は降りそうにないのでひと安心。
 さすがにシーズンですね。途中に丹沢三峰への登り口(三ツ又、青宇治橋)付近には
 AM5:30の時点で車と人がチラホラ。そして塩水橋に6時ごろ到着。
 既に車が十数台止まってました。
 準備をして、天王寺尾根登り口に向け出発。日も差してきて、青空ありで
 なかなか行けそうな良い天気。スキップしながら、GO!GO!

* ~ 丹沢山
 「よくよく考えれば、毎月1回、丹沢山に登ってるな~」などと思いながら歩いて行くと
 天王寺峠に。ここからなだらかな登りが続きますが、天気も良くなり木々の間に
 日が差し込み、なんとなく良い感じです。
 気分ウキウキで足取りも軽く、でもヤッパリ”ハァハァ”いいながら登って行きます。
 途中の岩場で「第一シロヤシオ」発見!! おおっ!と感動! 白くてカワイイです。
 さらに進んでいくと、「第二シロヤシオ」、「第三シロヤシオ」と次々に発見!
 見つけるたびに、立ち止り感動し、写真を撮るので移動速度がドンドン遅くなってしましました。
 そして、話に聞いた堂平と天王寺尾根の分岐点付近。
 ここはシロヤシオが満開です。新緑の緑と合わせて、とてもきれいです。
 そして気持ちいい山歩きです。さらに天王寺尾根は人が少ないので静かでいいですね~
 とても満足し、気分ウキウキで鎖場もへっちゃらクリアです。
 そして山頂への木道です。ここは明らかに先月とは風景が一変してました。
 先月までは、緑が少なかったのですが・・・今月は緑が濃いです。いかにも春?初夏?
 木道の間からバイケイソウが生えていたり・・・さわやかでした。
 そして、山頂へ。思ったより多くの人がいました。
 空は・・・曇り空でしたが、先月の”真っ白けっけ”に比べれば、もうこれは”快晴”と
 いっても良いくらいの”曇り空”でした。
 ここで写真を撮ったりして休憩していると・・思わぬ、お得な情報が!!
 「丹沢山-塔ノ岳の道で”シロヤシオ”が咲いてわよ」
 丹沢山までのシロヤシオで感動して、盛り上がっているオヤジは・・・
 「行っちゃう? 塔ノ岳? バシッと行っちゃう?」と調子に乗り・・・塔ノ岳へ

* ~ 塔ノ岳
 勝手に盛り上がり出発です。このコース、途中に”竜ヶ馬場”、”日高”があるので
 結構、アップダウンがありますが、稜線歩きになるので気持ちが良いでした。
 時々、日が差し鮮やかな緑をまとった山々を見ながら、鼻歌交じりの歩きでした。
 そして、噂どおりに途中、シロヤシオが咲いてました。一気にヒートアップした
 オヤジは写真撮りまくり(半分はピンボケ)、大盛り上がり。移動速度、落ちまくりでした。
 (丹沢山-塔ノ岳間は、8分咲き。 塔ノ岳手前は、3-5分咲きといった感じ)
 アップダウンと疲れで”ハァハァ ×2”しながら、登りつくすと塔ノ岳に到着!!
 さすが人気の塔ノ岳! 沢山の人がいました。
 時々、青空がのぞく、良い天気。ここで山々を見ながらの昼食。
 ここもまた前回、”真っ白けっけ”の山行だったのでリベンジでした。
 そして・・ピストンで「丹沢山-塩水橋」戻ります。
 「調子に乗って、ココまで来たが、戻るのか・・あのアップダウンを・・」
 と思いながら帰路に着きました

<残すは”檜洞丸だっ!!”>

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン