YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

先週に続き、奥多摩急坂登山!(三頭山)

minoryさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:ある観光地の一泊旅行で、土産物とグルメばっかりなことに飽きて、旅の荷物かついで江戸時代の石畳を10キロ近く下ったのをきっかけに、歩く楽しさに突然目覚めました。
    基本は日帰りで、友人4人くらいで声かけあって、あちこち登っては温泉andビールで楽しんでいます。
  • 活動エリア:東京, 神奈川
  • 性別:女性
  • 生まれ年:1975
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

大岳山・御岳山・御前山

2016/05/16(月) 08:35

 更新

先週に続き、奥多摩急坂登山!(三頭山)

公開

活動情報

活動時期

2016/05/14(土) 09:01

2016/05/14(土) 15:38

アクセス:234人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,427m / 累積標高下り 1,258m
活動時間5:26
活動距離12.73km
高低差1,043m
カロリー2024kcal

写真

動画

道具リスト

文章

そろそろ、体の動かし方のペースもつかめてきたかな?の確認も込めて、2週連続の急坂登山です。

奥多摩のやや奥まった三頭山に、2人で行きました。
先週の御前山よりもスタートを早めにし、8:30集合。
バス停は長蛇の列です。こんなの初めて。
いつも日曜日チョイスだから?いい時間帯だから?この時期だから?

歩きは、浮き橋からスタートで、ちょっとアスレチック気分で楽しく始まりました。
とはいえ、登山口からはグイグイといい勾配です。
でも御前山に比べると、温度も低かったからか、木々の茂り具合がよかったのか、いきなり体が電池切れになりそうなことにはならなかった。
この時期は、新緑とダム湖の景色は秋とまた違った風情で気分が浮足立ちます。
足も前に進めやすい。

ただしこの尾根、「のぼり」というよりは、崖?いい角度の斜面が続くので、足首曲げるのも最大値ギリギリで「筋切れちゃいそう〜」と何度も悲鳴です。
3つの急勾配ポイントを通過して、ようやく登山道ぽい道で山頂を目指しました。

「足が前に出ない〜」と悲鳴をあげていた友も、歩きは止めずでお見事。
山頂には予定より40分早く着きました。山頂は人が多くて賑わってました。
そろそろ登山ルートスケジュールの予定時刻計算の仕方を変えたほうがいいかも?
でも予定より早い=ランチタイムがたっぷりなんだし、ご褒美感もあって嬉しいしなぁ。

山頂でのお昼は、初のアルファ米。そしていつものドライベジでスープ。ポン柑も食べてしっかり利用補給ができました。

下山方向は、槇寄山経由で檜原村方面。
途中から景色で盛り上がるだけでなく、なぜか2人の大好きな映画話からの、大好きな人生論と話に没頭しすぎて、気がついたらもう登山口に着いてしまった。
これまた予定よりも40分早い。

檜原村の景色は、民家も風情があって、別世界でした。
山に登るようになって、登山口付近のいろんな町や村の風景を見てきましたが、その土地ごとに全然趣も違っている。檜原村は隠れ武家の里のようでかっこ良かったです。

初めて数馬の湯を利用させていただき、下山も早かったので、予定よりもちょっとゆっくり浸かることができました。
バスは本数はないけれど、うまく時間も合わせて帰ることができて満足。

さあ次は丹沢に戻って、檜洞丸を計画です。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン