YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

新緑の黒岳(河口湖)を富士山に見守られて登りました

kiyoさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:九州から東京に、単身赴任でもうすぐ8年が経ちます。晴れた日に、大好きな山に出かけます。

    雨の日は、神田神保町で大好きな山の古本を探しております。

    8年の間に、106回の山旅をして、164の頂きに立ちました。(内、百名山は54)

    三度、道迷いを経験し危ないこともありましたが、無事の山旅を続けられていることに感謝しております。今はYAMAPという強い味方もあり安心ですが、基本は忘れないようにしたいです。

    夢は、登ったことのない山をたくさん登頂。
    好きなこと、頂上からの眺め。下山後の温泉とビール。
    お気に入りの温泉は、上高地の歴史ある温泉とこんにゃく刺身の美味しい日の出温泉。
  • 活動エリア:東京, 長野, 山梨
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1961
  • 出身地:
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

三ッ峠山・本社ヶ丸・鶴ヶ鳥屋山

2016/05/17(火) 19:43

 更新

新緑の黒岳(河口湖)を富士山に見守られて登りました

公開

活動情報

活動時期

2016/05/14(土) 09:45

2016/05/14(土) 17:57

アクセス:594人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,459m / 累積標高下り 2,919m
活動時間8:12
活動距離13.58km
高低差1,100m
カロリー3083kcal

写真

動画

道具リスト

文章

新緑の中、河口湖の北にある黒岳・御坂山・破風山をコースタイム5時間20分(約11キロ)を8時間掛けてゆっくり歩いてきました。

富士山が見えればいいなー、と選んだ黒岳。新緑の中の山歩きはとても心地よいものでした。
新緑のカーテンをくぐるような、新緑のシャワーを浴びるような、そんは山歩きができました。

登山道は整備されており、腐葉土の上を歩いているような感じでふわふわ感があります。

歩きながらでは富士山は見えにくいのですが、ところどころに展望場所があり、河口湖の向こうに富士山を眺めることができます。角度によっては山中湖も見えました。

春の花はすでに終わっている感じがしましましたが、季節毎の花に出会うことができそうでした。
太宰治碑、味わいある巨木、少し岩場、一瞬の笹道、など退屈する事なく歩けます。

しかし、こんなに素敵な山なのに登山者が少ないのです。
隣の三つ峠にはたくさんの登山者が向かったのに、8時間の山歩きでたぶん5、6組としか遭遇していません。

なぜ、そんなに差が付いてしまったのか? 考えてみました。

*黒岳という名前がどこの県にもありそうで唯一感がない
*頂上からの眺望が少なく標識がこじんまりしている。
*小屋がふたつ廃墟になっている。
*展望場所はあるが昼食場所としては狭い。
*大石公園までの下山が林道の中、少し退屈

ぐらいかな~😊
そんなにマイナスポイントでもないし、ゴールの大石公園からの富士山はご褒美です‼
三つ峠もいいけど、こちらもお薦めです。

*画像の一部はクラウドさんにいただきました‼


№4「新緑の黒岳と富士と河口湖に遊んでもらった一日」

6:22新宿発高尾行きの中央特快に乗り
立川、大月と乗り継いで8:48河口湖駅に着く
5番乗り場から天下茶屋行きのバスに乗り20分
三つ峠入口で下車する
右に行けば三つ峠、大勢の登山者が向かっていく
左の車道を進めば天下茶屋
御坂峠から黒岳への登山道に続く
天下茶屋は秀吉のゆかりの茶屋と思いきや太宰治のゆかりの茶屋
緩やかな登山道を登れば最初の富士山ポイントに太宰治の碑が立っている
なんと書いているかよく読めないが
想像するに「富士には月見草が よく似合ふ」と刻まれているのだろう

降り注ぐ新緑の淡いそして清々しい光と風の中を
御坂峠、御坂山、黒岳、破風山と歩いていく
富士山の絶景は絶景ポイント毎にしか拝めないルートなのか
絶景ポイントにたどり着いて富士山の方向を先ず確認する
富士山の全容が見えなくても、たとえ頂上の端だけでも見えれば
その喜びが湧いてくるという不思議さが可笑しい

三つ峠に比べて人気がないのであれば
この数箇所ある絶景ポイントにこそ
開運展望台、飛翔展望台、勝運展望台、慶雲展望台など縁起のいい名前がふさわしいと思う

新道峠から中沢林道を下り
17:50大石公園にたどり着いた
予定よりも2時間以上長く
ゆっくりと山を歩いたようだ
湖畔から夕暮れの富士を撮りながら
ご褒美だなーと思う
温泉に浸かりコンビニのビール片手に湖畔で半月と星空を撮ってみる
周りが明るすぎるが眼に見えない星も写り込んでくれる
缶ビールのカラご終わりを告げる時
楽しかった一日が終わろうとしている
21:19河口湖発
24:05新宿に降り立ち
富士と黒岳と河口湖と一緒に歩いた友に感謝して
長い一日が終わった

2016/05/15
kiyo

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン