YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

失敗の女峰山

とらまねこさん YAMAP Meister Silver

  • YAMAPマイスター:シルバー
  • 自己紹介:インドアがアウトドアに手を出すとどうなるか観察。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1980
  • 出身地:
  • 経験年数:未経験
  • レベル:初心者
  • その他 その他

日光白根山

2016/05/15(日) 16:34

 更新

失敗の女峰山

公開

活動情報

活動時期

2016/05/14(土) 08:42

2016/05/14(土) 18:04

アクセス:122人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 3,807m / 累積標高下り 3,775m
活動時間9:22
活動距離26.34km
高低差1,916m

写真

動画

道具リスト

文章

二荒山神社→黒岩→女峰山→帝釈山→富士見峠→寂光滝
女峰山→帝釈山の稜線が素晴らしいと聞いて。
あわよくば小真名子山→大真名子山にも行こうと考えてました。
しかし、女峰山はそんなに甘いところではなかったのです。

今回はトラブル続きでした。
家を出る前にスマートフォンを落として割りました(先週修理したばかり

二荒山神社からのスタートです。
駐車場は市営第2駐車場。510円でした。

神社の左側の坂道からのスタート。正直入口がわからなかったです。
しばらく階段を登ると祠のようなものがありますので左手へ。
山道を登っていくと道路と並走するような形で進みます。
ほんの少し道路に出ますが標識を目印にすぐ山道へ。
道中急な所はほぼありません。緩い笹藪道が続きます。
後から思うと道中の方々からここから登る人は少ないとか泊りですか?と、
聞かれましたがそういうルートだったのですな。
一般的には戦場ヶ原や霧降高原から登るのでしょうか?


半分当たりの給水ポイントを過ぎたあたり、緩い道なのになぜかつらくなってきました。
水の消費もいつも以上です。(標高差?)
しかも右足に違和感。靴ずれっぽいです。今日は靴下は登山用ではないのです。
今まで大丈夫だったのでどんな靴下でもいいと思い薄手の靴下で来たのが失敗です。

藪道を抜けるといきなりの急勾配の連続。
途中鎖場もあり岩場もありと男体山のようなコースの連続。
この状態でこれは・・・厳しい。距離もあるからでしょうか?
しかも今まで天気だったのに霧が・・・テンションも下がります。

唐沢小屋から頂上。
道中の岩場。ここは自分が経験した中で一番の勾配でした。
足場も崩れるしコースも定かでないしこんなん無理ゲーです。
降りていく人がいましたがこれ降りる方が難しいでしょ・・・。

スタートしてから4時間半。
頂上にやっと到着。思った以上に厳しかったです。
霧ばっかりで景観は・・・。苦労した割にはかなり残念・・・。
しかし、こんな体力で時間内に降りれるかが気になりました。
小真名子山→大真名子山は諦めです。

少し休み目的の帝釈山へ進みます。
ガスなので風景はあきらめ。下山優先として進みます。
しかし、狭い稜線を歩くのはスリルありますね。空の道って感じです。
が、いつの間にかスマホの充電をしているケーブルのコネクタがいつの間にか破損。
充電が不安定な状態になりYAMAPを参考にしている私としては危機を覚えます・・・


帝釈山から富士見峠。
道中道は悪く、倒木や残雪があります。
もう、下山のことしか考えておらず急いでいきます。
やはり下山は体力的に余裕がありスイスイ進んでいきます。

富士見峠辺りで右足に激痛。
帝釈山を下っている間は問題がなかったのですが・・・
これ、もう明るいうちに帰れないよな・・・と思ったのですが
タイツを脱いだら良くなってきました。履き方が悪かったのでしょうか。。。?
その時、レインコートがなくなっているのに気付きました。
帝釈山の下り途中、倒木などが多く更にザックカバーの間に挟んでいただけだったので
木に引っかかったのでしょうか?きちんとザックの中に入れておけばよかったです。
右足の状態と下山の時間を計算するともう戻っている余裕はなくあきらめて進みました。
道中は平らな道が続きます。去年の大雨の影響でしょうか?道が荒れています。
このあたりから晴れ間が見えてきます。今更かよー。

川を渡りあとはひたすら(3時間以上)藪道を進むのですが道が隠れています。
初心者の自分としては前の人の足跡がないのであれば
撤退するのですが、さすがにこの距離を戻っている時間はない。
とのことで道を無視して樹についてる赤い目印を頼りに進みました。
もしこれが真っ暗だったらと思うと・・・幸い道筋も出てくるところはありましたが
ここはあまり人気の道ではないんだなーと痛感。
GPSも高い杉の樹に阻まれて取得できませんでした。
藪のなかの倒木や段差に注意です。

寂光滝に出ました。
富士見峠辺りでは厳しいと思っていましたが
明るいうちに帰ってこれてよかったです。


日光は18:00くらいだと店はほとんどしまっており
途中の大きい駐車場もゲートを閉めています。
もしかして自分が停めた駐車場も!?と思いましたが
入口出口ともに開いており無人の状態でした。
17:00までなのですがそれ以降は自由に使っていいのでしょうか?


今回は計画が甘く余裕がなかったのもありますが
レインコートの紛失・充電ケーブルの破損など荷物の収納、
靴下・タイツの履き方?の失敗など、ただでさえ厳しい環境を難しくしてしまいました。
もう一度レインコートを探しに別ルートで行こうかと考えております・・・。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン