YAMAP

登山・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

甲斐駒ヶ岳 仙丈ヶ岳。北沢峠テント泊

にっしぃさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:雨ガ降ル、イツモ行事デ
    雨ガ降ル(「゚Д゚)「ガウガウ
  • 活動エリア:長野
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1979
  • 出身地:公開しない
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

北岳・間ノ岳

2014/11/03(月) 21:23

 更新
山梨, 長野

甲斐駒ヶ岳 仙丈ヶ岳。北沢峠テント泊

活動情報

活動時期

2014/10/29(水) 09:01

2014/10/30(木) 10:37

ブックマークに追加

アクセス

662人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間25時間36分
  • 活動距離活動距離18.06km
  • 高低差高低差1,059m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り2,631m / 2,692m
  • スタート09:01
  • -
  • 北沢峠09:01 - 09:03 (2分)
  • -
  • 北沢峠 こもれび山荘09:01 - 09:02 (1分)
  • 6分
  • 北沢駒仙小屋09:08 - 10:06 (58分)
  • 17分
  • 仙水小屋10:23 - 10:26 (3分)
  • 19分
  • 仙水峠10:45 - 10:52 (7分)
  • 53分
  • 駒津峰11:45 - 12:04 (19分)
  • 9分
  • 六方石12:13 - 12:19 (6分)
  • 27分
  • 甲斐駒ヶ岳12:46 - 13:17 (31分)
  • -
  • 駒ヶ岳12:51 - 13:17 (26分)
  • 28分
  • 六方石13:45 - 13:48 (3分)
  • 11分
  • 駒津峰13:59 - 14:04 (5分)
  • 25分
  • 双児山14:29 - 14:36 (7分)
  • 41分
  • 北沢峠15:17 - 15:19 (2分)
  • -
  • 北沢峠 こもれび山荘15:17 - 15:18 (1分)
  • 7分
  • 北沢駒仙小屋15:25 - 06:06 (14時間41分)
  • 1時間1分
  • 大滝頭07:07 - 07:10 (3分)
  • 31分
  • 小仙丈ヶ岳07:41 - 07:48 (7分)
  • 36分
  • 仙丈ヶ岳08:24 - 08:41 (17分)
  • 8分
  • 仙丈小屋08:49 - 08:51 (2分)
  • 28分
  • 小仙丈ヶ岳09:19 - 09:29 (10分)
  • 19分
  • 大滝頭09:48 - 09:54 (6分)
  • 43分
  • 北沢駒仙小屋10:37 - 10:37 (0分)
  • -
  • ゴール10:37
もっと見る

写真

動画

道具リスト

文章

前回、中央アルプス空木岳から眺めて次のターゲットに決めた甲斐駒ヶ岳&仙丈ヶ岳。
早速登って来ました!
北沢峠、長衛山荘のテント場をベースキャンプにして1日目甲斐駒、2日目仙丈という計画です。
北沢峠までは南アルプス林道バスを利用します。仙流荘のバス乗り場に登山届けを提出するポストありました。

9:00に北沢峠に到着し、長衛山荘にテントを設営、準備などしてちょうど10:00スタートです。
重い荷物はテントに置いてアタックザックで行くので、体が軽い軽い!ぴょぴょん登れます(笑)
しばらく沢沿いを歩き、丸太の橋を渡ります。おぉ!NHK BS「にっぽん百名山」で見た通りだ(笑)
って事はこの先樹林帯を抜けると岩がゴロゴロの… おぉ!ここかぁ!(笑)
二日前に見たテレビと同じ風景の中を歩き、テンションが上がりました。
仙水峠からまた樹林帯を歩き、駒津峰で一気に視界が開けます。ここから見上げる甲斐駒が大きくてかっこ良すぎる!登頂意欲がMAXに高まります!
ここからは岩場歩き。興奮してても冷静に(笑)
直登と巻き道の分岐はもちろん直登コースを選択。慎重に三点支持を心掛けて、問題無く通過できました。
13:00山頂に到着。どちらを向いても素晴らしい景色!特に心を奪われたのは、八ヶ岳全体が裾野から全て見えたこと。しかも見下ろしているんですよ!大感動です。
あとはやはり富士山が近いこと。普段北アルプスから見ることが多いので、見えたらラッキー程度の感覚なんですが、ここからだとさすがに大きいですね!

下山は巻き道ルート、双児山経由で15:45にテント場に戻りました。
途中、摩利支天に行こうか迷いましたが、遅くなるのは嫌だったのでスルーしたけど、結果的に時間は余ったので行けば良かったなぁと。また今度ですな。

2日目、4:30起床6:00出発。寒くてモゾモゾしてたら準備に時間が掛かってしまったが、往復で5.5hを予定しているので、帰りのバスの時間(13:00)には余裕で間に合うでしょう。
歩き始めてしばらくは樹林帯の中、チラチラと木の間から北岳を見ながら進みます。
大滝の頭では馬ノ背方面へのルートが閉鎖されていました。凍結により危険との事です。
この先森林限界を抜けるとまもなく小仙丈のピークです。ここでなにげに2864mですか。我が故郷の名峰、常念岳と同じくらいなのね… 南アすげぇなぁ。
と少しアウェー感に怖気づいていると、更なる衝撃が!
日本のTOP3が横並びに一緒に見えるではないか!(安倍さんとかが居た訳ではない(笑))
これは貴重なアングル。ここに来た人しか見れないですよね。素晴らしいです。
小仙丈からの道は少し岩場を下りる箇所がありました。慎重に行けば問題ありません。
「あと少し!」地元中学生の作った標識に励まされながら8:30山頂に到着!
ここからの展望も素晴らしい!
前回登った中ア空木岳もよく見えるし、そこから北へ目を向けると宝剣、木曽駒。御岳、乗鞍。北ア槍穂、常念、大天井。立山、剱、鹿島槍、五竜、白馬と私にはお馴染みの北アの峰々がくっきり見えました。
東の方角には八ヶ岳と昨日登った甲斐駒~鳳凰三山、富士山、白根三山。
南には南ア南部の峰々。(私の知識不足で南ア南部の山は見てもわからない…)
ま、一言で言うと「最高!」としか言えないですよね~ww
しかしさすが3000m峰。体を動かさないでいると寒くて死にそうです。
余韻に浸りながらも下山開始。
テント場に10:40着。計画よりかなり早く着きました。
おかげでテント撤収も余裕をもってできました。

で、次回のターゲットですが…
う~ん、どうしよう。八ヶ岳に惹かれたけれど、あれは全山縦走をするって決めてるし(笑)なのでそれは来年の夏で(あは)



あ、余談ですが松本山雅J1昇格決定!イエーイ!!!!!!!!

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン