YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

那岐山縦走 & 自転車で戻る

ノドクサリさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:地元(島根)の低山を徘徊しております。
    ホームは出雲北山

    ノドクサリ(ネズミゴチ)砂地でよく釣れる外道の名、触るとヌメリ,異臭が手に着き、嫌われる魚ですが、他魚と同様、一つの命という意味をこめて。
    2014年の夏頃近所の山を歩き出し、秋からYamapを開始。

    魚釣りに20年以上没頭しておりましたが、子供の成長など家庭の用事には逆らえず、ついに深夜の釣りしかできなくなる。悶々とした日々を送っていたが、健康診断ではメタボの診断を受け、運動の為、近所をトボトボと散歩する。ウォーキングを近所の人に見られるのが恥ずかしく、山道を歩くようになった。目標となる山頂へやっと到達するだけだったのが、少し体力がつき、様々な脇道,マニアック道に興味がわいてくる。

    ずーっとソロで獣道のような所を歩いていたが、ある日、子供たちが歩きやすいようにと、整備されている人と出会う。それ以来、リュックには、「赤テープ,ノコギリ,鎌,ゴミ袋」を常備しており、整備を兼ねた登山をするようになった。自然豊かな山は、多様な生物の居住地でもありますので、なるべく手を加えず、人が歩ける最低限の道だけ確保させてくださいと山へ向かって言う。近くの山は保守的に、遠征先では自由気ままに歩きます。
    山の中で、よく「整備の方ですか?」と聞かれますが、私は、ただの登山者です。登山者は多かれ少なかれ、みんな整備の人だと言いたい。下へ転げ落ちそうな石があれば道端へ避け、トゲのツルが垂れ下がっていたら、除けておく。道を間違えれば、後続の人が同じ目に遭わないようにテープなどで印を付けておく。山道は荒れない程度に少しずつ整備し続けるのが良い。

    次の世代を担う子供たちに、自分で山道を歩いて何かを感じていただきたい。山は管理された施設ではないので、危険だ!何かあったらどうする?などと問われがちですが、多少の怪我はしても良いではないか。人だけでなく、動植物までも思いやる人になってほしい。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1965
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

那岐山・滝山・広戸山

2016/05/16(月) 20:14

 更新

那岐山縦走 & 自転車で戻る

公開

活動情報

活動時期

2016/05/15(日) 07:14

2016/05/15(日) 13:36

アクセス:584人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 3,336m / 累積標高下り 3,379m
活動時間6:22
活動距離28.16km
高低差1,052m
カロリー2483kcal

写真

動画

道具リスト

文章

久しぶりに県外の山へ遠征

前日の夕食前に、おいしくビールを飲もうと、近所の仏経山(366m)へ登ったが、一晩開けて、少し足がだるい。(登り20分、下り10分、合計30分のトレーニングだったのだが)
丸1日の外出許可がおりたので、ちょうど良い散歩コースは無いかと回想してみた。
今年の1月、岡山の和気アルプスでお会いした方に、那岐山を勧められ、その後、Yamapで見て気になっていたので、ここに決めた。
那岐山周辺を半日ぐらい散歩して、ピストンせずに戻ってくるコースを考えると、必然的に縦走&チャリパターンになってしまう。私の電動自転車は娘に奪われ、仕方なく購入した一万円の折りたたみ式を酷使している。

              縦走終了地点      車を停めた場所
出雲市   津山インター  声ヶ乢へチャリを置く  那岐山麓道の駅へ到着
4:00 → 6:00  → 6:40      → 7:00

中国自動車道(津山インター)を降り、国道53号線を北へ走る。中国山地の中なのに開けた町、道路沿いには、うどん屋が多い。
目的の山の名は「那岐山」なのに、町名は「奈義町」偶然同じ字か、又は,どっちかが旧名か?
「那岐山麓山の駅」駐車場へは車を停めた。50台ぐらい駐車可能。
登山者は、まだ上にある登山口まで車で行けます。私は後で自転車を押して坂を登って来なければならないので、この辺でけっこう。


7:14 那岐山麓山の駅 からスタート
   おっとお腹の調子が悪い、まずはトイレへかけこむ
7:39 登山口へ到着(車10台程度のスペース),登山口の手前にも、20台ぐらいのスペースがあります。
   ここまでは舗装道路
   登山ルートが、3つあります、(標識にはA,B,Cコース)
8:45 山頂へ到着。  歩きやすい登山道。分岐には標識があり、迷うこと無く登頂。
   登山口から那岐山山頂まで、1時間ちょっとかかります

山頂付近から、小雨,ガスで視界は白一色、幻想的な風景を満喫。
山頂の標高が、平成13年 1240m から 1255m へ変更されたとある。
すぐ横に、立派な避難小屋があり、寝泊まり可能。

9:48 滝山へ到着

今日は、遠征先なので、いつものMっぽい登山ではなく、ただ歩かせていただこうと思っておりました。
登山道の整備状況を見て、なるほどーこうやるのか。標識を見て、この考えいいな。なんて思いながら、ついメモ帳を出し記入していた。
まだ10時、時間的な余裕が出てきたので、倒木処理の癖が出てしまった。
地元の出雲北山の松枯れとは違い、ここの倒木のほとんどは、まだ生きている。
私の登山道整備のコンセプトは、自然に影響を及ぼさず、人が歩ける最低限の道を確保する事。
なので、木が道をふさいでいたとしても、生きている木は、基本的に切らない。
中途半端に浮いていて、登山者にとって危険な状況,又は,枯れ木なら、切断し道の脇へ除去します。
一人で木を切断中、疲れてため息をついていた所へ、向こうから家族連れ(4人)が来られた。
人「整備の方ですか、ご苦労様です」
私「ただの登山者です。声ヶ乢まで歩き、チャリで戻る予定です」「この木、下へ落としたので、切って除去までしなくても歩けますよね」
人「木は自然に朽ちるのを待てばよいかと。たしか、登山口に赤い自転車がありましたよ」
私「その自転車です。それぞれ反対側から歩いて来たのですね。お気を付けて」


11:11 広戸仙へ到着
山頂で、10人ぐらい休憩しておられた。その中の女性2人組から質問を受けた。
女性「那岐山まで、あとどれぐらいかかりますか」
私「Yamapの記録を見る。正味2時間-道草30分」「1時間半ぐらいです」と答えた。
女性「1時間半ぐらいなら、行って戻って来よう」と言って歩き出された。
初めて歩いた山なのに、Yamapを元にお答えできて良かったと思った。

11:54 声ヶ乢登山口へ下山完了

ここまでが、歩行です。Yamapで見ると
那岐山麓山の駅 → 声ヶ乢登山口   距離:15.3km  時間:4:40

ここから自転車に乗り換え、車を停めた道の駅まで戻らなくてはいけない。
坂をブレーキだけで一気に下った。麓に降りたら、何故か良い天気になっていた。
山を振り返ると、堂々とした山容、さすがは岡山を代表する山だと思った。
ちょうど昼時、国道53号線沿いの中華料理店「ちゅー」が見えた。客が多かったので、連られて入った。
汗のタオル,リュックなど、むさ苦しい格好なので、隅のカウンター席でいいです。と店員に伝えた。
冷房が効いており、気持ち良かった。水とアイスコーヒーをがぶ飲み,麻婆定食を完食。
「那岐山麓山の駅」まで、舗装道路をあと6km、こりゃ夏だと辛いロードになりそう。
ようやく山の駅の看板を見つけ、山方向へ折れると、今度は長い登り道(2km)。坂道をひたすら自転車を押して歩いた。

13:40 那岐山麓山の駅 へ到着

駐車場、隣の車の方も登山を終えられた様だったので、聞くと、「山頂はガスで何も見えなかった」と言われた。
私「私もそうでした。でも、今からもう一度登る気になれませんよねー。残念」
到着して気づいたが、今回は、途中にゴミが一つも落ちていなかった。

14:00 現地を出発 , 途中、米子道のパーキングエリアで、仮眠。
17:00 出雲へ帰宅

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン