YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

中村郷の名もなき谷

Yoshikiさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:神戸から鹿児島へ。
    単身赴任も、とうとう4年目に突入(あと、どのくらい鹿児島に居れるのだろう・・).

    南九州ならではの山登り。。
    「もうこれは『沢登り』しかないな..」
    冬でも楽しめるのが南九州の魅力。

    熊本在住の九州沢登りの第一人者をご紹介頂き、また福岡からは岩登りのスペシャリストも合流。鹿児島からは沢好きが集まり、熊本の五木エリアで「新規の沢開拓」に同行させてもらっています。

    「沢登り」は山登りのすべての要素が必要だとか・・。
    また「何でもあり」で、使えるものは何でも使います。
    木の根っこだろうが、前を登る人の足首だろうが、膝をついても、顎を使っても構いません。ルールはひとつ・・
    「落ちたら負け!」
    これだけです。「嵌る」とこれほど面白いものはありません。
  • 活動エリア:鹿児島, 熊本
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1964
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

仰烏帽子山

2016/05/15(日) 21:37

 更新

中村郷の名もなき谷

公開

活動情報

活動時期

2016/05/15(日) 07:55

2016/05/15(日) 15:45

アクセス:298人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,080m / 累積標高下り 2,013m
活動時間7:50
活動距離12.30km
高低差427m
カロリー3782kcal

写真

動画

道具リスト

文章

収録されている地図外の沢だ。
マイナーな「沢」に行くとかなりの確率で収録されていない地図の「沢」になる。
(⇒山仲間からデータをもらって貼り付けてみた。。2016/5/29)

今回、熊本地震の影響も心配したが「五木地方」は殆ど被害らしい被害は報告されていないらしい・・。

入渓後、一時間足らずで最初の分岐へ。当初は左俣を遡行する予定だったが、単調過ぎて右俣へ予定変更。
これが功を奏し、楽しめる「沢」へと変わっていく。
幾つもの短い滝を遡行しながら突き上げると、林道へ出てきた。

今日は「ステーキランチ」。林道のど真ん中を陣取ってランチタイム。
「沢登り」と「宴会」のどっちが目的なのか、わからないことがよくある。
まあ、重たい荷物を背負ってきたご褒美だ。食べれば軽くなる。。

下りは林道を使う予定だったが、あまりにも遠回りになるため、一気にショートカット。
これをやると本当に読図の勉強になる。収録地図外だから頼りは「地形図」と「コンパス」。
師匠だけが「ガーミン」を持っているので、コース取りを後ろから見張っている。
これも「沢登り」の楽しみのひとつで、藪漕ぎをしながら行きたい場所を目指す。

登山道を歩くのも良いが、おそらく過去から誰も通ったことがないであろう、尾根や谷、沢を遡行するのは本当に楽しい。
飽きることは「無い」。

次回はいつになるだろうか・・?

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン