YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

竜喰沢での沢登りから、単独で和名倉山ルート縦走へ

kizzyさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1972
  • 出身地:
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:中級者
  • その他 その他

和名倉山(白石山)・笠取山・東仙波

2016/05/16(月) 14:03

 更新

竜喰沢での沢登りから、単独で和名倉山ルート縦走へ

公開

活動情報

活動時期

2016/05/15(日) 07:54

2016/05/15(日) 18:32

アクセス:129人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,980m / 累積標高下り 2,036m
活動時間9:54
活動距離14.58km
高低差980m

写真

動画

道具リスト

文章

今年も沢登りで竜喰沢に行くことになったので、せっかく将監峠の近くまで行くならと、沢の遡行終了後は一人になって和名倉山縦走のプランにしました。

沢で荷物重かった前回の反省から、テントをツエルトにしただけでなく夕食と朝食は固形燃料とアルファ米で。
マットは省いて沢用のネオプレーン素材のソックスやすねカバーを敷いたりと、軽量化重視の工夫が面白かったです。
少しウルトラライト気分。

遡行終了で一人になった時点では、将監小屋のテン場にツエルトで泊まるつもりだったので、沢道具を日差しで乾かしたりノンビリ過ごす。
久しぶりにしても、沢の調子イマイチで滝をかなり巻いてしまったし。

しかし歩き始めろと次第に身体が動いて調子がよい。日は傾いているのに、ついつい将監峠からも先へ。
奥秩父縦走路から和名倉山へのルートに入ると、道幅狭くなり時間帯的にも人の気配がなくなる。
確かに地味なルートだが、最初は少し展望の良い場所もあり、この山域を貸し切り状態で楽しんでいることに妙なくらいじわじわテンションが上がってくる。
何か脳内物質でも分泌されたのか、ゾクッとするくらい多幸感に包まれて楽しく調子よく歩けました。

翌日の反動がコワいと思いながら、日が沈んだ頃に和名倉山手前の平地にツエルト設営。
テントや焚き火の痕跡あり。
水場を示す表示もあり水音も聞こえたが、和名倉山ルートに入って少しの水場で明日の分までタップリ汲んできたし、時間かかりそうだったので未確認。

のんびりと静かな山の夜を過ごしました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン