YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

以前の記録 2014秋~槍ヶ岳~

かじやまさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:ぎっくり腰からまだ完全復活してしていないのでコースタイムの短い所でリハビリ中。

    ホームゲレンデは丹沢のバカ尾根(笑)
    丹沢にも沢山の山やルートありますが、ほとんどここだけ。

    高校の弱小山岳部出身です。
    社会人になってからは殆ど行かず、15年ぐらい前からぽつぽつと再会。
    日帰りおよび1・2泊のテン泊、小屋泊をやっています。
    日帰りは1年中(低山~雪山まで)
    テント泊は春~秋、小屋泊はGWの残雪期や天候が悪い時です。

    百名山にはあまり興味ないですが気に入った山は何度も足を運びます。
    最近は、百高山に興味あり、とりあえず日本の3000m峰の制覇を目指しておりますが、なかなか進まない(^_^;

    土日休みですが、山に行けるのは月に1,2回です。
    山行は基本マイカー、関東圏+上越、山梨、長野辺りが多くて、たまに東北と東海方面に遠征します。

  • 活動エリア:神奈川, 群馬, 長野
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1968
  • 出身地:
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:中級者
  • その他 その他

穂高岳・槍ヶ岳・上高地

2016/05/18(水) 12:43

 更新

以前の記録 2014秋~槍ヶ岳~

公開

活動情報

活動時期

2014/09/13(土) 00:00

2014/09/15(月) 00:00

アクセス:187人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 0m / 累積標高下り 0m
活動時間48:00
活動距離0m
高低差0m
カロリー25754kcal

写真

動画

道具リスト

文章

ヤマップ開始以前の記録です。
そのためGPSログはありません。

高校の時、穂高に登り、そこから見た槍ヶ岳・・・いつか登ろうと思って・・・30年が過ぎ、やっと登れました(笑)
去年も一昨年もその前の年も計画したが色々邪魔され延期になっていました。

9/13(土)、沢渡の駐車場は結構空きがありました。バスターミナルの直ぐ下に停められました。
しかし、上高地行きのバスまちの長蛇の列が。。。
乗合を募ってタクシーで行きました。タクシー4人乗車ならバスと大して変わらぬ料金で済みます。しかも快適。

上高地で準備と登山届を提出してスタート。
徳澤園まで3時間ぐらい。梓川の畔を景色を楽しみながら。
その後、槍沢ロッジまでもそんなに急ではなく。難なく到着。
テント場のババ平はここから40分ぐらい。そこにはトイレ・水場はありますが、小屋は無いので、槍沢ロッジでテン泊申込み。
ほどなくしてババ平に着くと左程混んでいませんでしたが、石積みの川側の場所をゲット。
ちょうど一張り分の幅しかないので隣に誰か来て騒がしくなる心配の無い最高の場所をゲットしました。
あとはのんびり同行者とビール飲んで過ごしました。

9/14(日)槍アタック。
頂上で日の出を見るべく、午前2時起床。2時半星空の元スタートしました。
この時間からスタートする人結構いて、助かりました。
グリーンバンド辺りで日の出となってしまいました。
槍が赤く染まって、東の常念の彼方からオレンジ色のにくい奴がドーンと。
7時半過ぎ、槍ヶ岳山荘に到着。
!!!!
山荘前のヘリポートから穂先まで人の列が
!!!!
先にも後にもこんな行列体験したことありません。
穂先に着いたのは9時過ぎ。
なんと2時間半以上も掛ってしまった。
空いていれば30分も掛らないのに。
頂上から見た景色はまさに絶景でした。
「あー」とか「わー」とか「凄い」とかしか言えなかったです。
記念撮影して下山しようと下を見たら、行列が小屋の前を通り過ぎて伸びていました。
後日談、この日の最後尾の人は、山頂まで4時間掛ったらしい!!!!

天気もよく、風も弱く、寒くもなく、最高の槍ヶ岳となりました。
穂先渋滞には参りましたが人気の山ですから仕方ないですね。
渋滞しなければ大喰と南岳に寄って天狗池経由で下りようと思いましたがタイムアウトだったので、東鎌~ヒュッテ大槍経由でババ平に戻りました。
それでも、充実した山行となりました!

9/15(月)下山。
この日も天気は良く。気持ちのいいまま上高地まで戻って来れました。

今回の槍ヶ岳とても楽しかったですが、、、
ただ残念なことに、無謀と思える人が多すぎました。
小学校低学年を登らせていたり・・・ハーネスも付けずに。
かと思うと下山ルートの年輩夫婦の妻「どこに足置けばいいのか分からない」、夫「じゃー、俺が先に行って指示してあげるか?」みたいな。おいおい自分で考えられない人が来るんじゃないよ。
小石落としちゃう人とか渋滞の中、有り得ないぞ!
下りの梯子ならまだしも、登りの梯子でビビるなよ。

皆さん、もう少し脚慣らし、高所慣らししてから来てください。
装備も快適な山小屋もお金出せば手に入りますが、命は買えませんよ。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン