YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

ヒルのいぬ間に 岩峰雪彦山(915m)! 下りの沢と滝道に緊張

あかりさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:生まれつき華奢で貧血で病気がちでした。41歳で癌の手術の後、手術の影響から骨粗鬆症予防の為、歩く事を薦められ、54歳の秋にしぶしぶ坂道を歩き出したら歩ける!と自信を得、山歩きを始めたのが最初。変な下り方をしたのか膝を痛めてブランクの3ヶ月、半年後、55歳北穂高岳に登り北アルプスに惹かれ、それ以来毎年、1度以上無雪期の日本アルプスに登っています。普段は関西の低山を。上りは遅く1.2倍かけて写真を撮りながら山を楽しんで登っています。方向音痴で地図が欲しく、地図読みの勉強を少しし始めました。普段の低山歩きや、アルプスに登ってくれる山友も募集中です。2014夏は、唐松、五竜岳縦走、秋に立山連峰縦走を富山の山友としてきました。2015の夏は、甲斐駒、仙丈ケ岳に、久し振りに登山ツアーで行きました。脱落者数名でましたが、何とか完歩できました。
     今、私のはガラ携なので地図やルート軌跡が出ません。ヤマップアプリは山友のを使っています。スマホを使うようになりましたら使わせて戴きます。

    ヤマップは、全体に40代とか若い方がほとんどのようで、ちょっと場違いかも知れません。団塊世代は数少ないのかほとんど見かけないのが残念です。希少な?団塊世代のヤマップユーザーの方、是非生まれ年を書いて下さいね~^^

    もうひとつお願いが。
    活動日記に、歩かれたコース、ポイントを明記していただけたら次に歩くのにわかりやすいので助かります。その点は、ヤマレコの記録はわかりやすく役立ちます。

    皆さん、どうかよろしくお願いします。


    高槻市在住

    *****
    最近、こんなトレランは擁護できなくなったという山のレポを見ました。
    http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-961028.html
    何気なく体力あるんだなと思っていたけど、特に大勢で走って競うトレラン大会は、植生に大きなダメージを与えるのだなと、これを読んで初めて思い知りました。
    http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-961028.html
    その下のコメントにも いろんな人の憂いと怒りが書いてあります。
    一度読んでみて下さい。

    そう言えば、10年程前、六甲の北、黒甲越をした時、自転車やマウンテンバイクで登山道を走り、タイヤで細い道が自転車の重みでV字にへこんで谷みたいになって、まともに歩けなくなっていた、六甲の端を歩いたのを思い出します。「マウンテンバイク走行禁止」と警告板があるのに、まるでおさまらないと聞きました。道の脇の植物がトレランや大会で踏まれたり、なぎ倒されるのはなるほどと思いました。登山道外を走るように指示する大会役員もいたというから驚きです。
    競走のトレラン、トレラン大会は、マウンテンバイクほどではないけど、沢山の人が一斉にタイムを競って走り、道の端や、外を走ったら、足元の小さな植物など目に入らぬまま、知らぬまま破壊してしまうのではと危惧します。

    登山道は、自然体系に気遣い、静かに歩きたいものだと思いました。
    美しい自然を残して行く為、山に入る者それぞれが考えてみたいと反省をこめて思いました。

    2016年6月
  • 活動エリア:京都, 大阪, 兵庫
  • 性別:女性
  • 生まれ年:1950
  • 出身地:兵庫
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

雪彦山・大天井岳

2016/09/21(水) 10:40

 更新

ヒルのいぬ間に 岩峰雪彦山(915m)! 下りの沢と滝道に緊張

公開

活動情報

活動時期

2016/04/30(土) 09:34

2016/04/30(土) 16:40

アクセス:245人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 3,491m / 累積標高下り 3,500m
活動時間7:06
活動距離9.60km
高低差727m
カロリー2149kcal

写真

動画

道具リスト

文章

P~登山口~展望岩~大天井岳~鹿ガ壷分岐~雪彦山~峠分岐~鉾立山~紅ガ滝~虹ガ滝~大曲り~登山口~P

播磨の名峰、雪彦山は、弥彦山(新潟)、英彦山(福岡)とともに、日本三彦山として知られる修験の山・・・という紹介文で本のガイドは始まる。そのうち、新潟の弥彦山は、2009年に角田山と登ったけどあれから随分経った。

関西百名山で、岩稜の雪彦山には、前から登ってみたいと思っていたが、何しろヤマヒルが多く出るので有名だから、その活躍しない時期を待っていた。さりとて、冬は、この険しい岩峰は不適との事。そしてアケボノツツジ、ヒカゲツツジの時期に登るはずだったが、雨の翌日を避けてその時期は逸したようだ。

それでも4月にすでに駐車場でヒルにやられたというレポを見かけたので、ロングスパッツをして、初めて「昼下がりのジョニー」を多めにスプレーして準備OK.

いきなりの急な丸太階段の上りで始まったが、上に上ると、風は意外と涼しく心地良かった。そうだ、今日は、そんなに気温は高くない。前半の岩場の連続、大天井岳への初めの鎖場は、とっても太くて重い鎖だ。次々と岩場が現れたが、上になるにつれて、ピンクのコバノミツバツツジが見上げる大岩の合間から咲いているのが増えてくる。大天井岳!祠のある標高884mのここを地元では雪彦山頂としているようだ。展望が開けた岩場で昼食!

それ以後の稜線の登りは地面の見える山道になりホッとする。最高峰の雪彦山はあまり印象に残っていない。
942m峰までの道で、足元のチゴユリの花を見つけて、しゃがみこんで撮るが、10人超の団体が歩いてきて、どうも足が写ってしまう。

さて、一番心配していたのは、滑りやすいと評判の下りの長い沢、沢山の滝。しかも岩場が段々険しくなり、太いロープが何本かある岩場が何箇所かあり慎重に下る。雨の2日後で、水量も多くなり、足が届かない所があちこちに。ポンと飛んだり、水の中に慎重に浸って渡渉したり。

やっと川から外れることができて安堵!大曲から展望地とやらに登って寄り道。しかし、木々であまり見えない。後は、割と普通の下山道で、やれやれ。

お天気の日に、ヒルにはやられずに無事下山できたのは、本当にラッキーだった。
バンザ~イ^^♪

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン