YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

つつじ見納めの葛城山~ダイトレ平石峠まで

carsparadiseさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:2015年春、登山に目覚める。
    ホームは金剛山。
    憧れは北アルプス、雲ノ平、 高天ヶ原温泉。
    とりあえず登ってみた金剛山にハマってます。

    ニックネームはヤマレコと同じです。ヤマレコにもログをアップしています。
    よければ、そっちも見てやってください。(^.^)/

  • 活動エリア:大阪, 奈良, 和歌山
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1966
  • 出身地:大阪
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

金剛山・二上山・大和葛城山

2016/05/20(金) 20:50

 更新

つつじ見納めの葛城山~ダイトレ平石峠まで

公開

活動情報

活動時期

2016/05/16(月) 07:27

2016/05/16(月) 19:59

アクセス:141人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 4,286m / 累積標高下り 4,409m
活動時間12:32
活動距離22.26km
高低差885m
カロリー5187kcal

写真

動画

道具リスト

文章

初めて大和葛城山に行きました!!

時間は取れるのですが、天気予報は午後から雨模様。
早めにスタートして、雨が降りそうになったら下山する計画にしました。

葛城高原に着く頃には曇っていましたが、展望デッキで昼食をとっているうちに晴れてきました!!

やや風が強くて日なたでも涼しく、光が当たって景色はキレイ。
つつじ園をゆっくりと観賞、撮影できました。

ツツジのピークは過ぎていましたが、まだ頑張っている木やつぼみの付いている木も少しありました。

つつじ観賞路からダイトレを折り返してツツジを堪能した後、ロープウェイの駅の方を見に行くと、
婿洗いの池に下りる道があるので行ってみました。
そこから更に下へ続く道があり、そっちを歩いている人がいるので行ってみると、くじらの滝コースでした。
で、くじらの滝コースを登り返して元の歩道へ。

自然研究路は次回においといて、キャンプ場の方に戻ってダイトレを北上します。
雨が降りそうになったら、奈良県側に下りて近鉄電車の駅まで歩くつもりです。

折りたたみ傘とナイロンヤッケを装備、さらに、想定外に雨が降らない場合は行ける所まで行くつもりで、
ヘッドランプも用意してあります。

ダイトレは丸太階段の急勾配と勾配のゆるい区間が適度に混ざっています。
杉の植林地と自然林も適度に入れ替わっていく感じで、単調にならないように設計されているんでしょうね。

近鉄電車の駅の方へ降りていく分岐には分かり易い表示がありますが、曇ってくる気配がないので、
岩橋峠まで行くことにしました。
岩橋峠から降りるルートには水場のマークがあるので、それに期待していたのですが、あいにく通行止め。
仕方なく、平石峠まで行きました。

岩橋峠から岩橋山までは、見上げるような丸太階段です。(>_<)
ベンチがあるので休憩して、気合を入れて登りました。

平石峠に着く頃には薄暗くなっていましたが、コンクリートの林道で真上は薄明るいのでヘッドランプは不要。
意外なことに水場があって助かりました。\(^o^)/

弘川寺からの登りと同じでコンクリートの林道は脚にきます…(*_*)
話が前後しますが、実は、弘川寺からの登りはコンクリートの林道の区間が多く、金剛山の伏見林道や久留野林道のような感じです。
で、登っている途中で右太ももの付け根に違和感がでてきて、休み休みで登りました。
勾配のゆるいところでは何ともないのですが、舗装路の急勾配登りだけ違和感がでます。
葛城山ロープウェイ駅~キャンプ場への登りでも同じでした。
時間に余裕があり、天気も良かったとはいえ、平石峠まで行けたのは自分でも驚きです。
硬い路面は足腰に悪いということを実感しました。

先へ進んで、南阪奈道路をくぐる手前でルートを確認していたら、ついに小雨がパラついてきました。
近鉄の当麻寺駅までは傘なしでイケる程度でしたが、電車を待っている間に雨が激しくなり、
駅から自宅までは傘をさしても足元とザックが濡れてしまい、
最後の最後が一番シンドイというサプライズとなりました…(^_^;)


コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン