YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

20141102 伊吹山に半日登山

てっちゃんさん YAMAP Meister Silver

  • YAMAPマイスター:シルバー
  • 自己紹介:2014年夏から始めた登山も、まもなくまる2年になります。
    北アルプス、岐阜県内の低山、鈴鹿セブンなど、近所の山をいくつか経験できました。

    山をナメてはいけない。睡眠不足をナメてはいけない。車酔いはどうやっても治らない。
    私は、午後にならないと本気が出ないのだと、よく自覚しておくこと。
    荷物は必要最小限。要・不要の見極めが多少出来るようになりました。


    今年も、白山と、西穂高に行きたい。そして、御在所の岩を登ってみたい。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1980
  • 出身地:
  • 経験年数:1年未満
  • レベル:中級者
  • その他 その他

伊吹山・御座峰

2014/11/03(月) 08:56

 更新

20141102 伊吹山に半日登山

公開

活動情報

活動時期

2014/11/02(日) 07:00

2014/11/02(日) 12:01

アクセス:335人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,595m / 累積標高下り 2,426m
活動時間5:01
活動距離12.72km
高低差1,192m

写真

動画

道具リスト

文章

大垣市民にはお馴染みの伊吹山。

初登山でした。

連休の中日に、自宅から来るまで40分程度の移動で、
登山道到着。近いことはいいことです。

天候は曇り。午後から雨が予報されていたので、
正午に下山を目標に、登り始めました。

神社裏の林道→旧スキー場の芝生ゲレンデ→林道を抜け、3合目まですんなり登れました。

登山道が、ハーフパイプ状にくりぬかれ、ぬかるんだ泥でグチャグチャ。
グリップが全く効かないし、滑りまくり。

休憩を取ることなく、やや急いで頂上を目指します。

ここからは、ややガレた登山道。
6合目付近から、濃霧の中に突入し、視界が10m程度の中を進んでいきます。

下界を見下ろせば、滋賀県内の町並みはいい眺めですが、
琵琶湖は見えず、向かいの霊山山や鈴鹿の山々は、雲の向こうに見えるだけ。
目指す山頂も全く見えず、紅葉の具合もよく分からず、
ただ、濡れて滑りやすい、石と泥に留意して登りました。

9時すぎに山頂に到着。
ガスが濃すぎて何にも見えません。

売店・日本武尊像・トイレを発見するのも一苦労。
三角点は、どこだったか分からず、タッチ無し。

山頂だけ、強風・ガス・低温で寒かった。
カッパとフリースを着込んで山頂休憩しました。

山頂で、お湯を沸かして、暖かいスープと、紅茶を飲んで、速攻下山。

下りは、あっという間に、ぴょんぴょん降りていきました。
ガスが4合目付近まで降りてました。天気が崩れている証拠ですね。

下りは、泥で足場がツルツルで、
加速して降りられないのが一番の留意点でした。

いつもの北アルプスに比べれば、行動時間が短く、
十分な余力を残して、登れました。

やっぱり、天気に恵まれて登ることが大事です。


*今日の登山から学んだこと

*泥だらけ。スパッツがほしい。
*行動食の消費はごくわずか。携行量を減らしても良かった。
*耐寒用装備はOK。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン