YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

越前甲~加賀大日山周回

よしさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:頂上での一服 うまいんだよな☺😊
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1952
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

大日山(石川県)・越前大日山(越前甲山)・鈴ヶ岳

2016/05/22(日) 09:00

 更新

越前甲~加賀大日山周回

公開

活動情報

活動時期

2016/05/19(木) 06:30

2016/05/19(木) 14:18

アクセス:249人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,067m / 累積標高下り 2,053m
活動時間7:11
活動距離12.78km
高低差774m

写真

動画

道具リスト

文章

 国道146号線は新又越を挟んで、県境で途切れている。その間は地図上の742m地点に「昭和御大典」と刻まれた石柱があり、戦前は人の行き来があったと感じさせる趣のある峠道である。道がはっきりしなくなったところで右の稜線上の鉄塔の保守路に登り、大日峠へと進み勝山からの道に合流、越前甲へと続く。もう20年以上も前の話だ。YAMAPで調べると不思議と記録がない。このコースを歩いて、はじめて本当の大日の良さにふれることができる。とリーダーはいつも言っていた。いいリーダーだったなあ。当時YAMAPがあればもう少し楽しい山行記録が書けたかも。何しろ余力がなくなって写真を撮るのも難儀だ。一つ頑張ってみるかと朝三時半に自宅を出発。新保からの登山口を通りすぎ、146号線行き止まりに車を止める。さあ出発だ。
いきなり感想 長い道中であった。福井県三大急登の一つと言われる越前甲の登りは息がきれた。昔ならリーダーに尻をたたかれるところだ。越前甲から大日までは藪こぎもなく、ずいぶんきれいに整備されていたが石川県側に比べればまだまだだ。それにしてもくたびれた。愛する大日はもはやお庭の散歩とはいかなくなった。リーダーどうしているだろう。頑張っているかなぁ。まだお庭の散歩と言っているかなぁ。懐かしい。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン