YAMAP

登山・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

鍋割山登山

ニッセイさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:定年退職を機に山登りをしてみたくなりました。
    初心者です。
    関東近辺の低山を家族で登っています。
    よろしくお願いします。

    2017.4月より 山行や歩けクラブで歩いた記録を全てUPすることにしました。軌跡地図を見る楽しみとして。
    つまらないと思いますが御付き合いのほどよろしくお願いします。

    (2015.08.05よりYAMAPを使用しておりました。3度ほど登山後YAMAPの調子が悪く1度YAMAPを退会し、2015.09,22に再入会してYAMAPを利用しています。)
    2017.05.06上記3山、高尾山、金時山、高麗山の写真だけをアップしました。
  • 活動エリア:神奈川, 東京, 山梨
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1951
  • 出身地:福島
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:初心者
  • その他 その他

丹沢山系

2016/05/21(土) 13:16

 更新
神奈川, 山梨

鍋割山登山

活動情報

活動時期

2016/05/20(金) 08:32

2016/05/20(金) 18:23

ブックマークに追加

アクセス

298人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間9時間51分
  • 活動距離活動距離23.25km
  • 高低差高低差1,083m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り6,863m / 6,882m
  • スタート08:32
  • 4時間20分
  • 鍋割山12:52 - 13:56 (1時間4分)
  • -
  • 鍋割山荘12:52 - 13:57 (1時間5分)
  • 4時間26分
  • ゴール18:23
もっと見る

写真

動画

道具リスト

文章

以前から計画していた鍋割りへいってきました。
大倉バス停より二俣に向かい、当初二俣分岐から小丸方面へそして鍋割と考えていましたが、登りは辛くとも、下山は少し楽な方が良いとの事で皆さんが登られるルート(後沢乗越ルート)にしました。
大倉~二俣~後沢乗越~鍋割山頂~小丸~二俣~大倉

登りは大倉からは舗装された道を普通通りに歩いていきました。二俣の所で登山用の準備を整えていきました。
二俣の分岐点を確認し(帰りはこの場所に降りてくる、周りの景色を確認する。)木橋を渡り水の置いて有る所に行きます。此処までは誰も歩いていませんでした。

この置き場で少し休憩をしていたら3人組の登山者があとから来ました。
水を1本担いで登山開始です。いきなりの階段、沢登とありこれから先大丈夫かなと思いながら登りました。
確かに急で険しい登山道です。途中かなり登ってからカミさんが足を攣りしばらく休憩をとりました。
その後何事もなく登頂!。やはり山頂は気持ちが良いもので。あいにく晴天ではありませんでしたがうっすらと富士山、山並み、下界などが見れましたので満足です。
早速うどんを注文5分で待ち時間なしでいただくことが出来ました。これがまた美味い!!!。
バッジもゲット。

1時間昼食をし下山する事に。登るペースがゆっくりのため登頂が13時ちょうど。山頂には10名ぐらいの登山者がいましたが昼食をとっている間に皆下山していました。2時下山開始しましたが、その時には我々を含めて4人ぐらいになっていました。それも下山方向は我々と反対方向。

下山開始しまもなくして再びカミさんが足を攣り休憩。その後今度は私が太ももに違和感を覚えました。丁度小丸の分岐近くでしたので小休止をします。
小丸の道標に分岐の印がなくその周りを見渡しましたが下山道は見つからず。諦めて大丸から下山する事に。

しばらくすると又小丸の道標が、ここが本物の道標で小丸方面の道しるべが下に落ちていました。
初めての人は気づかなかも。下山道がありましたのでここから予定通り下山です。

かなりの急斜面を下りましたの足がガタガタ!!本当に笑っちゃいました。二俣の分岐点に着いたのは16時半過ぎていたと思いますが、森の中はすっかり薄暗くなっていました。
無事下山終了し大倉のバス停に着いたのは18時を回っていました。

9時間に及ぶ登山お疲れ様でした。待望の鍋割山に登れたので大満足です。
今度は塔の岳を目指します。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン