YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

奥島山、五山巡礼

ヤマノボラー・Minaphmさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:週末ヤマノボラーです。山に登り始めてはや40年、滋賀に来て20年を超え、鈴鹿、比良、比叡、湖南の山はほぼ一通りは登りました。最近は京都北山、伊吹山地、野坂山地も歩いています。夏は毎年一度日本アルプスに登っています。詳しくはこちらをご覧ください。http://minaphm.wktk.so/mountainfs.html
    こだわりは、眺望と花です。山から山の眺望は、片方からもう片方が見えたなら、できるだけもう片方からも眺めてみて写します。滋賀の山と京都北山は上記HP上で4000枚以上公開中。山で見た花も、高山植物175種類以上、その他600種類以上を公開中です。三角点にもなぜかフラフラと吸い寄せられます。ただの石の棒なのにね^^
  • 活動エリア:滋賀, 京都, 三重
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1961
  • 出身地:和歌山
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

長命寺山・奥島山(津田山)・尾山(蓬莱山)

2016/11/24(木) 11:52

 更新

奥島山、五山巡礼

公開

活動情報

活動時期

2016/02/28(日) 09:58

2016/02/28(日) 15:32

アクセス:164人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 926m / 累積標高下り 932m
活動時間5:34
活動距離12.75km
高低差366m
カロリー3050kcal

写真

動画

道具リスト

文章

奥島山は、ほとんどのガイド本で紹介されているのは最高峰の津田山のみか、せいぜい長命寺山をプラスして登る程度で、他の峰は立ち寄らないルートがほとんどです。しかし、この山塊はほかにも御所山、笠鉾山、奥津山、白王山、伊崎山など多くの魅力ある峰を持ち、時間があればぜひ寄ってみたいものです。今回は、渡合橋近くに車を置いて、長命寺から長命寺山を経て津田山に登り、その後藪漕ぎで御所山を経て、笠鉾山へ、最後は少し戻ってから軽い藪漕ぎで奥津山の山頂を踏んで、駐車地に戻るルートを考えてみました。この五山なら一日で楽にまわれます。

山行記録:日時-2016年2月28日、天候-晴れ。でも、霧の濃い日でした。10:00 島コミュニティーセンターに駐車させていただき出発、10:27 長命寺バス停、10:32 808段の石段に取り付き、10:49 長命寺着。久しぶりなので、少しお参りして、10:55 長命寺発、10:58 山への入口、11:15 長命寺山分岐、11:19 長命寺山・山頂、11:27 縦走路に合流、11:54 津田山・山頂着。休憩後、12:00 同所発、12:08 大岩着。ここで昼食後、12:22 同所発、12:38 林道終点に出る、12:46 御所山の西から、尾根に取り付き、12:57 御所山・山頂、13:15 一般ルートに出る、13:22 三叉路、13:30 林道に出る、13:32 笠鉾山方面入口、13:48 小ピーク、14:01 笠鉾山・山頂、すぐ引き返し、14:27 奥津山取り付き、14:39 奥津山・山頂、すぐ引き返し、15:19 若宮神社、15:33 駐車地着。

長命寺山、津田山、御所山、笠鉾山、奥津山の奥島五山をめぐるルートは、車道歩きも含めて5時間半、13kmの行程でした。王浜山まで周れれば、さらに良かったのですが、奥津山~王浜山間は藪が濃く、そう簡単に尾根通しでは歩けなさそうです。周回ルートにしなくていい場合は、笠鉾山から北へ進み、キャンプ場に下って、伊崎山を目指すこともできます。なお、御所山の山頂の少し東の小ピークから、林道すぐ上の峠に尾根で下れば、もう少しショートカットできます。峠で見た感じから、たぶんこの区間(緑の点線区間)は普通に歩けそうです。一方、林道終点と御所山の間の尾根道は、どんな状態かわかりません。要調査です。

本ルート。詳しくは
http://minaphm.wktk.so/a-biwako/okushimayama/okushimayama.html
をご覧ください。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン