YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

韓国岳 火口底~北峰~本峰

としちゃんさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1977
  • 出身地:
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

霧島山・韓国岳・高千穂峰

2016/05/23(月) 14:40

 更新

韓国岳 火口底~北峰~本峰

公開

活動情報

活動時期

2016/05/21(土) 05:46

2016/05/21(土) 13:03

アクセス:257人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,632m / 累積標高下り 1,639m
活動時間7:17
活動距離6.98km
高低差466m

写真

動画

道具リスト

文章

1合目を左に折れ、沢を登って爆裂火口から火口底を目指す。沢を道なりに進むと程なく崩落地に出る。左よりにガレ場を登るとケルンあり。そこから先は霧が深く先が見渡せない・・。慎重に踏み跡やシカの通り道、沢(水の流れた跡)と時々現れるテープを頼りに鞍部を目指す。ようやく開け鞍部に到着するも、濃い霧と強風で火口底は全く見えず・・。仕方なく左へ折れ、北峰を目指す。ここも霧のためルート探しに困難する。慎重に進みようやく北峰に到達した。北峰に到達するとわずかに霧が晴れはじめ、時々麓や火口底が顔をのぞかせる。尾根を時計回りに進み霧が晴れてきたところで北側の鞍部より火口底へ。それなりに草木が茂っておりアザミの攻撃にも耐えつつ、ついに火口底に降り立った。
火口底にはシカやウサギの足跡も。上を見上げると早く流れる雲。上は風が強いと予想しちょっと早いが火口底で昼食とした。本日は同行者の誕生日のため、スパークリングワイン(正確にはスプマンテ)で乾杯!そういえば、3年前には富士山頂上でもシャンパン飲んだ。パンとウインナーと即席ポテトサラダとコーヒーと、貸し切り状態の火口底で贅沢な昼食。昼食の後は火口底に記念をオブジェを作成し同じ鞍部へ登った。
時計回りに尾根を進み本峰へ。獅子戸岳への縦走路の整備も進んでいる様子。高千穂の峰方面は雲が多く見渡せず。大浪の池はいつもながら鮮やかなブルー。
通常ルートより下山した。



コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン