YAMAP

登山・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

谷川岳主脈縦走(谷川岳→万太郎山→千ノ倉山→平標山)

ゴマさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:職場の上司に連れて行ってもらったのをきっかけに山登りを始めました。
    関東近郊の山を中心に、大抵一人で登ってます。
    今のところ春〜秋の3シーズンのみで、なるべく登りと下りは別のコースを心掛けてます。
  • 活動エリア:埼玉
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1979
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

谷川岳・七ツ小屋山・大源太山

2016/06/10(金) 17:00

 更新
群馬, 新潟

谷川岳主脈縦走(谷川岳→万太郎山→千ノ倉山→平標山)

活動情報

活動時期

2016/05/21(土) 03:41

2016/05/21(土) 13:51

ブックマークに追加

アクセス

221人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間10時間10分
  • 活動距離活動距離21.49km
  • 高低差高低差1,373m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り2,894m / 2,565m
  • スタート03:41
  • 2時間53分
  • ザンゲ岩06:34 - 06:35 (1分)
  • 9分
  • 肩ノ小屋06:44 - 06:56 (12分)
  • -
  • 谷川岳06:47 - 06:52 (5分)
  • 45分
  • 避難小屋07:37 - 07:40 (3分)
  • 37分
  • 避難小屋08:17 - 08:21 (4分)
  • 53分
  • 万太郎山09:14 - 09:19 (5分)
  • 23分
  • 避難小屋09:42 - 09:44 (2分)
  • 1時間15分
  • 避難小屋10:59 - 11:01 (2分)
  • 24分
  • 仙ノ倉山11:25 - 11:32 (7分)
  • 29分
  • 平標山12:01 - 12:13 (12分)
  • 32分
  • 松手山12:45 - 12:47 (2分)
  • 1時間4分
  • ゴール13:51
もっと見る

写真

動画

道具リスト

文章

谷川岳から平標山へ連なる主脈を歩いて(一部走って)きました。
このコースは登りの始めと下りの後半以外は森林限界を超えているので開放感があり、歩いていてとても気持ちが良かったです。


登りは巌剛新道から。
前半は何度か沢を渡りながら緩やかに登り、後半は鎖や梯子のある急坂を登る登山道ですが、隣の西黒尾根より登りやすいと感じました。
途中谷川岳山頂や白毛門、マチガ沢に残る雪渓、小さな花々等が見られ、飽きません。
西黒尾根と合流後、谷川岳山頂のトマノ耳へ。
山頂付近は少し残雪がありますが、アイゼン等は不要です。

谷川岳から万太郎山、仙ノ倉山へは稜線を歩きます。
山々の緑と残雪の白、空の青がとても美しく、いつまでも歩いていたいと思うほどでした。

最後の平標山付近は傾斜が緩やかで、登山客が大勢いました。
木道や階段、ベンチ等も整備されていて、初心者でも快適に登れる山のようです。
平標山頂は広く、沢山の人が昼食を取っていました。

下りは松手山経由で。
前半は雪の残る苗場山を見ながら、後半は蝉の声を聞きながら樹林帯の中を下ります。
この日は予定より一本早いバスに乗れそうだったので、半ば走るように下山。
平標登山口からバスでJR越後湯沢まで、その後JR上越線で土合へと帰りました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン