YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

谷川岳

モコさん YAMAP Meister Silver

  • YAMAPマイスター:シルバー
  • 自己紹介:山はいいですよね♪
    筑波山を登ってトレーニングをしています。
  • 活動エリア:
  • 性別:
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:1年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

谷川岳・七ツ小屋山・大源太山

2016/05/26(木) 08:56

 更新

谷川岳

公開

活動情報

活動時期

2016/05/21(土) 07:33

2016/05/21(土) 14:21

アクセス:110人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,837m / 累積標高下り 1,877m
活動時間6:48
活動距離9.63km
高低差673m

写真

動画

道具リスト

文章

天神平~トマノ耳~オキノ耳~ノゾキ~一ノ倉岳ピストンです。
晴天の谷川岳、初の谷川岳、近くて良い山の名前通り素晴らしい山でした。オキノ耳まで2時間、途中肩の小屋前に雪渓があります。登りはアイゼン不要、下りは装着しました。他の人ははアイゼン無しで下っていましたが数人滑っていました。帰りは気温もあがり雪がシャーベット状になっていたのでアイゼンもあまり意味をなさなかった気がしますがせっかく持って行ったので着けて見ました。心配な人はアイゼン持参がよいと思います。 途中の登山道には雪解け水が流れ、春を感じましたが帰りは気温が上がりプチ渓流状態、滑りやすく気を使いました。一ノ倉のノゾキは吸い込まれそうになるほどのところです。オキノ耳~ノゾキ~一ノ倉のピストンは下って、登って、下って、登っての急騰です。ここで体力を使い果たし、左膝が痛み始めました。一ノ倉岳の山頂は道の途中にありピークらしくなく苦労したのにがっかりです。
下りは雪渓、渓流、膝の痛み、疲労で景色を見る余裕もなく下山しました。初級コースと本には出ていますが鎖場の急騰が数ヶ所ありわたしには中級者の山に思えます。しかし谷川岳、また来たい山です。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン