YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

蒜山(ひるぜん)縦走ちょい戻り

秀とろさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:2015年3月に相模原から神戸に引っ越してきました。

    小6の息子、小2の娘、妻と一緒に一家4人で登山をしています。

    息子が年長のとき、保育園の先生に勧められ、ほちゃほちゃだった息子の体力作りのため山登りを始めました。

    数年後、息子の腹筋が割れました。

    そして、その先生のお蔭で、「山登り」という家族みんなの趣味ができました。

    YAMAP地図のコースタイムと実際にかかった時間の比較の目安として
    APC値(Actual time Per Course time)(勝手に命名)を記録してます。

    定義:APC値=(実際にかかった休憩込みの時間)/(コースタイム)
    ※ただし、昼飯などの長い休憩はAPC値に含めてません。
    ※参考程度の数値です。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ルート難易度感想例一覧(活動日記に書いたLvの照会用)
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ・私の個人的な感想なのであくまでご参考程度に。
    ・純粋な通過技術難易度で、迷いやすさや、気象の変わりやすさ等は考慮していません。
    ・無積雪期好天時。難易度は天候に寄って大きく変わる可能性があるのでご注意ください。
    ・Lv11をMAXに設定している訳ではありません。それより難しいのはまだ行ったことがないだけです。
    ・ご意見があればメッセージをください。

    Lv1 六甲山(兵庫)魚屋道、高尾山(東京)全ルート、木曽駒(長野)千畳敷カールから中岳経由

    Lv2 木曽駒(長野)中岳の巻道、至仏山(群馬)東面登山道

    Lv3 空木岳(長野)大地獄・小地獄、伯耆大山(鳥取)ユートピア、岩殿山(山梨)稚児落とし方面

    Lv4 六甲山(兵庫)芦屋地獄、六甲山(兵庫)AB懸ルート

    Lv5 宝剣岳(長野)北陵、槍ヶ岳(長野)槍の穂先、空木岳-桧尾岳間(長野)

    Lv6 宝剣岳(長野)南稜

    Lv7 六甲山(兵庫)西山谷、石鎚山(愛媛)三の鎖、試しの鎖

    Lv8 六甲山(兵庫)大月地獄、中俣、剱岳(富山)別山尾根、金峰山(山梨)五丈岩

    Lv9 六甲山(兵庫)A懸岩

    Lv10 鳳凰三山(山梨)オベリスク頂上岩

    Lv11  六甲山(兵庫)プロペラ岩

  • 活動エリア:兵庫
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1978
  • 出身地:神奈川
  • 経験年数:10年未満
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

蒜山

2016/05/24(火) 02:54

 更新

蒜山(ひるぜん)縦走ちょい戻り

公開

活動情報

活動時期

2016/05/21(土) 07:34

2016/05/21(土) 15:16

アクセス:536人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,836m / 累積標高下り 2,850m
活動時間7:42
活動距離15.05km
高低差691m
カロリー4426kcal

写真

動画

道具リスト

文章

活動時間 6:55(+昼飯0:45)
CT: 8:50 (上蒜山の三角点は片道10分計算)
APC: 6:55/8:50=0.78

コースの難易度
技術:初級
体力:初中級

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1週間ほど前、みゆぼうさんのレポを見てびびっと来ました。

これは妻の好きな山に違いないと。

ということで、妻のご機嫌取りのために、
今度、岩や谷にも来てもらうために、
牛乳で有名な蒜山高原にそびえる上・中・下蒜山に登ってきました。(この名前を知ったのは神戸に越してきてからですが。)

神戸発4時半頃。

上蒜山登山口の駐車場着7時頃。
だだっ広い駐車場に車は5台ほどとガラガラでした。
ここはトイレがないので、あらかじめ道の駅などに寄って済ませておくことをお勧めします。

登山口までは気持ちのいい高原の道がつづき、ジャージー牛にも会えます。
西の軽井沢と呼ばれるのもうなずけます。

登山口からは針葉樹林の中の急登を登っていきます。
ややもすると急に視界が開け、そこからはほぼずっと高原の山といった様相が続きます。

上蒜山着9:20頃。
ここは山頂碑がありませんし眺望もあまりありません。三角点は北側の藪藪した道を10分ほど歩くとあります。せっかくなので行きましたが、妻と娘がぶーぶー文句を言っていました。
上蒜山発9:50頃。

上蒜山の下りは多少岩っとしたところがあって鎖もあります。でもそれほど大変な道でもなく、鎖を使う人は少ないと思われます。

この下りは、これから上る中蒜山への気持ちのいい道が見渡せ楽しい気分にさせてくれます。

実際、中蒜山への登りは高原のようですがすがしく、気持ちよく登って行けました。まだカタクリも咲いていました。

中蒜山着10:40頃。
ここで昼休憩。
中蒜山は眺望がよく、麓の蒜山高原が眼下に広く見渡せました。
中蒜山発11:25頃。

下蒜山へは一度300mほど高度を下げたあと、同じくらい登り返します。
この日は気温も高く、午後の日差しが登りに堪えましたが、花も多くて気持ちのいい道ではありました。

下蒜山着12:40頃。
ここは蒜山三山の中で一番標高が低いですが、眺めは一番よかったです。
手前から中蒜山、上蒜山、名前の分からない双子の山、烏ヶ山と連なり、一番奥に伯耆大山がどーんと構えています。
ここは三山の中で一番土が火山灰ぽく、真黒でした。(蒜山は火山だそうです。)

当初はこの先犬挟峠まで下りて、縦走をコンプリートさせる予定でした。
が、妻が中蒜山の下にある塩竃冷泉(名水百選)を汲みたいと言い出します。
来た道を戻って中蒜山をほぼ登り返す必要があるのがげんなりですが、
私も塩竃冷泉が気になったし、そっちへ行くことにしました。
下蒜山発13:05頃。

強い日差しの中、中蒜山への登り返しは堪えます。
私はなんだか頭がぼーっとして、頭痛もしてきました。
このままだと熱中症になるかもと思い、立ち止まって飴と水分を取ってから塩竃冷泉への分岐まで登り返しました。みんなそこで私を待っていました。

さらに塩昆布や飴を食べて、日陰で10分ほど休むと体調も回復してきました。
きっと塩分が体から出ていきすぎたのでしょう。
前日の寝不足もあったのかもしれません。

それにしても娘のくれた飴はひどかった。
「パパ、わたしの飴あげる。少し溶けてるけど食べられるからね」
なんという可愛い子と喜んだのもつかの間、
飴は少しどころじゃなくて半分くらいジェル状になり、袋の外側までベタ付いていました。
たぶん去年の夏から持ち歩いている飴です。
それを私に在庫処分させようとしたわけです…
他に3つほどあったそんな飴を処分し、幾分ましな飴をもらいましたが、
それも舐めているうちに変な臭いがしてきたのでごみ袋に吐きました。

さて時刻は14:15分くらい。
塩竃冷泉に下りてから上蒜山登山口駐車場までの車道歩きは1時間以上かかります。
17時に閉まるジャージーランドでソフトクリームを食べる予定だったので、結構時間はぎりぎりです。早く下るべしです。

しかしここで救いの手が。
塩竃冷泉へ下る途中に出会ったみつがしわ山の会の方たち。
みなさん気さくな方で、「おばちゃんと握手しよう」などと子供たちを可愛がってくれました。
そしてなんと、運転手1人を塩竃冷泉から上蒜山登山口の駐車場まで連れていってくれるというのです。願ってもないことでお言葉に甘えることにしました。(この方たちは上蒜山登山口から塩竃冷泉まで2台のうち1台の車を運んでおいたとのこと。なるほど、それは頭がいい!)

塩竃冷泉着15:15頃。
みつがしわ山の会のおじさん2人が私を上蒜山登山口の駐車場へ送ってくれ、
お蔭で塩竃冷泉へ車を回すことができました。
みつがしわ山の会の方々、ありがとうございました。

そして無事ジャージーランドのソフトクリームにありつくことができ、
やまな食堂でひるぜん焼きそばを食べ、
快湯館でひと風呂浴びて仮眠を取り、神戸に帰りました。


今回の蒜山、私の予想通り妻はとても気に入ったようで、
「私が求めていたのはこういう山」と(藪以外)終始浮かれ模様でした。

しかし…

「これで次は岩とか谷とか行けちゃうな~」とうっかり口を滑らせた私に、

「いや、それはない」と無慈悲に言い放つ冷静さは保っていたのでした。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン