YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

秋の平尾台

モンプチさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:私の足あとと思い出を書きとめています♪
  • 活動エリア:福岡
  • 性別:女性
  • 生まれ年:2014
  • 出身地:福岡
  • 経験年数:1年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

平尾台・貫山

2014/11/14(金) 00:01

 更新

秋の平尾台

公開

活動情報

活動時期

2014/11/03(月) 10:11

2014/11/03(月) 16:41

アクセス:332人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,129m / 累積標高下り 1,166m
活動時間6:30
活動距離11.81km
高低差373m
カロリー2242kcal

写真

動画

道具リスト

文章

現在きのこ時代に痛めた足の治療中です(>_<)
足トラブルの原因は山での歩き方の勉強・経験不足と運動不足、そして以前右足趾の骨折をした時に、いつの間にか変な歩き方が身についてしまっていたのでした(>_<)
リハビリと歩き方の練習を兼ね近所の低山を歩いていましたが、そろそろもう少し高い山で現状を確認したくなりました。
平尾台だったら登山口の標高がすでにかなりあるのでと「リハビリ第二節じゃあ!」と歩いてきました。

吹上峠の駐車場から出発しました。秋晴れのお天気ですが風が強く、登りはじめはもう手袋が必要でした。カルスト台地にススキが風に揺れる風景は「これぞ平尾台!」という感じで、とても気持ちよく歩く事ができました。
いくつもルートがあるようですが、今回は山と渓谷社「福岡県の山」おすすめルートを素直に歩く事にしました。おかげ様で(笑)いろんな景色を楽しむ事ができました。
ただ貫山山頂へ向かう最後の急な上り坂で、私の弱点の一つ「高所恐怖症」に気づかされたのでした(>_<)
あの急角度でおまけにみなさんが踏み固めた道はつるつる、怖くて怖くてとても登れません。「決して後ろを振り返ってはならぬ」とぶつぶつ自分に言い聞かせながら、道の端っこの草むらをざくざくと登り、なんとか事なきを得ました(>_<)
この調子だと、今後本当に登れない山がたくさんありそうで暗澹たる気持ちになりました(>_<)

帰りは本当に久しぶりに目白洞と牡鹿洞に寄ってきました。この2つはそれほど大きくなく、派手な観光化もされていないので本当に探検気分を味わえます♪
目白洞の管理人さんが、お土産にと鍾乳洞の水を分けてくださいました(´▽`)

心配していた足の痛みも出ず、少しずつ自信がついてきました。
これからも決して無理せず一歩一歩丁寧に歩こうと、改めて思いました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン