YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

大河原峠から蓼科山、北横岳へ

なかさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:山に向かうようになって3年。山に行く目的が少しずつ変化している気がしています。今は、ピークを目指すだけではなく、山の匂いを感じ、可憐な草花に出会い、木漏れ日の下から空を仰ぐことを、至福の喜びに感じています。今年も元気に山に向かいたいと思います。
  • 活動エリア:群馬, 長野, 埼玉
  • 性別:女性
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:秋田
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:
  • その他 その他

八ヶ岳

2014/11/05(水) 00:15

 更新

大河原峠から蓼科山、北横岳へ

公開

活動情報

活動時期

2014/11/04(火) 17:31

2014/11/04(火) 17:31

アクセス:446人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 0m / 累積標高下り 0m
活動時間0:00
活動距離269m
高低差0m

写真

動画

道具リスト

文章

スマホの不具合で記録ができなかったので、せめて写真と旅便りだけでもと思い、記憶が曖昧になる前に活動の記録の一片を書き込むことにしました。
10月12日蓼科山に登ってきました。
大河原峠に着く前から、あまりの絶景に車を止めて、うっとり。山の上には素敵な別荘がいっぱいで、毎日この景色を眺めている人たちが大勢いることにびっくり^ - ^大河原峠は車は多いものの、何とか駐車できました。
いざ、スタート。将軍平までは熊笹の道をたんたんと登り、何だか賑やかな声がするなぁと思ったところが蓼科山荘(将軍平)。チーズケーキに惹かれながらも先を急いで。この辺りから7合目からの登山者と一緒になり結構混み合いました。ここからは岩場の登り。なかなかの面白さです^ - ^息があがってくる頃に山頂てす。
山頂からは、御嶽山、槍ヶ岳、穂高などが見渡せ、あまりの美しさに言葉を発することも忘れた程でした。御嶽山から昇る噴煙には胸に記するものがありました。
こういう風景に出会えることの幸せに酔いしれてしまいました。
でも今日は先があります。次の山に向かわなくては•••なのです。
山頂から、将軍平までひとまず下りて、そこから北横岳を目指しました。ここからの下りが結構キツイ😞縞枯れの道は初めてでした。ここを登ってきた人たちと何人かすれ違いましたが、たいへんそうな印象でした。私たちとは逆に7合目、北横岳から蓼科山を目指している人たちとはお互いエールの交換をしました。疲れている中で彼らの存在が励みになったかなぁ^ - ^ながぁい下りの先、天祥寺原、亀甲池を通り、北横岳山頂へ。この辺りから疲れがピークに。今まで味わったことのない疲労感、加えて脚の痛みで気持ちが萎えましたが何とか踏ん張れました。でも、かなりゆっくりの登山になってしまいました。すれ違う人も疎らでした。2泊3日で蓼科山から北横岳にやって来たお父さんと息子さん。北横岳山頂でも一緒になりました。この日は北横岳ヒュッテに泊まるとおっしゃっていました。私たちは悲しい日帰り、山頂での景色にゆっくり浸る間もなく下山です。
天祥寺原まで戻り、そこから大河原峠まで、暗くなる前に何とか着くようにひたすら歩きました。薄暗くなってくるとどこからか動物の遠吠えが度々聞こえ、大声を出しながら足早に下山です。大河原峠に着いた時には車は3台だけ。そうだよねぇ。あそこで急げなかったら•••ぞっとします。
結局、8時間半かけての山行きになりました。今回はまじ、疲れました😅

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン