YAMAP

登山・アウトドアの新定番

ゲストさん

ホーム

百蔵山から扇山へ

wanderさん

  • マイスター  ゴールド
  • 自己紹介:登山歴だけは長いのですが、いつまで経っても万年中級者のまま。経験値はほとんど向上しないのに、体力はどんどん低下していることが悩みの種。体力復活のため、今年は少し気合を入れて山歩きに取り組もうかと思っています。
    仕事の関係で長い間、北海道で暮らしていましたが、神奈川県に戻ってきてからのここ数年は、丹沢や箱根、山梨方面の山などをポチポチと楽しんでいます。また最近では近場の低山や丘陵歩きなどにも、新たな魅力を感じ始めているところです。
  • ユーザーID:79422
    性別:男性
    生まれ年:公開しない
    活動エリア:神奈川, 東京, 山梨
    出身地:公開しない
    経験年数:10年以上
    レベル:中級者
  • その他 その他

百蔵山・扇山

2016/05/23(月) 20:29

 更新
山梨, 東京, 神奈川

百蔵山から扇山へ

活動情報

活動時期

2016/05/22(日) 07:47

2016/05/22(日) 14:51

ブックマークに追加

アクセス

172人

文章

今回は山梨県大月市の百蔵山と扇山を歩きました。
近頃、なんだか同じ山ばかり歩いているような気がしていたのですが、確かに百蔵山は去年の2月以来でしたが、扇山に至っては20年近く前に登ったきりでした。
どちらの山も駅から登山口まで歩いてアプローチできる山というのが魅力ではあるのですが、気温の高いこの時期の長い車道歩きはしんどく、やっぱりバスなどで近くまでアプローチできる方が幸せかも?と思いつつの山行でした。

<猿橋駅から百蔵山>
・休日早朝の中央線各停列車は、登山客で賑わっていましたが、猿橋駅で下車したのは僕も含めて5名だけ。人気ないのかなぁ?8時前の早い時間だったのでバス便が無いことは知ってましたが、タクシーまで1台もいないことには少々ガックリ。登山口まで1時間ほどの車道歩きをすることになりました。
・ようやく稜線にでたところでトレラン中の男性とすれ違いましたが、こんな静かな山歩きは久しぶり。百蔵山山頂でも僕一人だったので、独り占め気分で長居したかったのですが、(おそらく)スズメバチが何匹も僕の周りをぶんぶん飛び回って落ち着けず、そそくさと先を急ぐことになってしまいました。

<百蔵山から扇山>
・この二つの山を繋ぐ稜線は、なかなかハードです。百蔵山から一気に標高を落とし、扇山へ落とした分以上に登り返すのですが、最後の1時間くらいは急登続きでヘトヘトになりました。扇山直下の急坂ですれ違ったるおじさんに(僕もおじさんだけど)、「ここまで一気に下るというのは、この先こんなに急な登りが待っているということですよね?」と尋ねられ、「はい、これと同じくらいキツ~イ登り待ってますよ!」とニコッと返しておきました。
・扇山近くまで来たところですれ違う人も増え、またペースが落ちた僕に、後ろから追いついて追い越して行く人が何人か現れました。身勝手ながら、あまりに人と会わな過ぎるのも寂しいものですので、ほどほどの人の姿が嬉しかったりして(笑)

<扇山から鳥沢駅>
・扇山山頂は、百蔵山と打って変わって賑わっていました。途中まで人に合わなかったのも、僕にしては珍しくスタートの時間が早かったからなのかも知れません。山頂の大部分の人たちは、この先百蔵山へと向かったようでした。
・当初は扇山からの下りは、大野貯水池方面から四方津駅までのロングコースを考えていましたが、ヘロヘロ具合を考えて鳥沢駅への最短ルートとなる小梨平へと下山することにしました。残念ながら小梨平までのバス路線はバス停に時刻表の掲載が無く運休中のようでしたので(未確認)、帰りも駅まで1時間ほどの車道歩きでした。
・鳥沢駅ですが、今年3月に新駅舎へ建て替えをしたのだそうですが、なんでもトイレが設置されていないとのこと。近くにコンビニも無いようですのでご注意を。



軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
  • 活動時間活動時間7時間4分
  • 活動距離活動距離13.29km
  • 高低差高低差838m
  • 累積標高上り/下り累積標高上り/下り1,867m / 1,891m
  • スタート07:47
  • 2時間0分
  • 百蔵山09:47 - 09:54 (7分)
  • 2時間23分
  • 扇山12:17 - 12:44 (27分)
  • 2時間7分
  • ゴール14:51
もっと見る

写真

動画

道具リスト

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン