YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

阿蘇や雲仙より古い火山、多良岳へ

ふく夫婦さん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:夫婦で山のぼりをしています。
  • 活動エリア:公開しない
  • 性別:公開しない
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:公開しない
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

経ヶ岳(佐賀県・長崎県)・多良岳・五家原岳

2014/11/05(水) 18:11

 更新

阿蘇や雲仙より古い火山、多良岳へ

公開

活動情報

活動時期

2014/11/03(月) 08:52

2014/11/03(月) 13:19

アクセス:411人

タグ

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 859m / 累積標高下り 893m
活動時間4:27
活動距離5.51km
高低差472m
カロリー1364kcal

写真

動画

道具リスト

文章

紅葉を期待して多良岳へ
三連休の中日、秋吉台で「そうだ、多良岳へ行こう」という話になり、自宅に帰って晩御飯を作り、お風呂に入って5時前に出発。多久西PAで車中泊。武雄北方インターで高速を降り、498から207号線で多良町役場前を右折。急に細くなり曲がった変な交差点を過ぎると道がよくなる。中山キャンプ場は道なりで迷うところはない。キャンプ場の鳥居をくぐり、石段の坂を登る。自然林はいいけど、紅葉していない。日が射さず暗く寒い。谷を巻くようにして高度を上げていくと、落葉していて明るくなり、所々赤い葉も。
尾根に上がると、金泉寺、経が岳の分岐。鳥居に多良岳へと標があったので、観世音菩薩さんに挨拶して迷わず石段を登る。途中の見どころ一切気づかず通りすごす。国見岳分岐、後で行こうと多良岳へ。先に行くべきだった。山頂からは前岳を目指し、大きな岩を登ったり降りたりスリルあり、展望良好。前岳から折り返していると常連さんから声を掛けられ、鬼の岩屋、の近くから鬼の門まで下って六体地蔵菩薩を案内していただいた。
金泉寺の分岐でまず山小屋に行き、分かりやすい地図をもらって歩けばよかった。
山小屋のトイレは福智山や英彦山と同じバイオトイレでにおいもなく快適!感謝!
帰りに武雄温泉、七彩の湯につかる。アルカリのつるつるの湯だった。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン