YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

夜中にたどり着いた可部冠山

ノドクサリさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:地元(島根)の低山を徘徊しております。
    ホームは出雲北山

    ノドクサリ(ネズミゴチ)砂地でよく釣れる外道の名、触るとヌメリ,異臭が手に着き、嫌われる魚ですが、他魚と同様、一つの命という意味をこめて。
    2014年の夏頃近所の山を歩き出し、秋からYamapを開始。

    魚釣りに20年以上没頭しておりましたが、子供の成長など家庭の用事には逆らえず、ついに深夜の釣りしかできなくなる。悶々とした日々を送っていたが、健康診断ではメタボの診断を受け、運動の為、近所をトボトボと散歩する。ウォーキングを近所の人に見られるのが恥ずかしく、山道を歩くようになった。目標となる山頂へやっと到達するだけだったのが、少し体力がつき、様々な脇道,マニアック道に興味がわいてくる。

    ずーっとソロで獣道のような所を歩いていたが、ある日、子供たちが歩きやすいようにと、整備されている人と出会う。それ以来、リュックには、「赤テープ,ノコギリ,鎌,ゴミ袋」を常備しており、整備を兼ねた登山をするようになった。自然豊かな山は、多様な生物の居住地でもありますので、なるべく手を加えず、人が歩ける最低限の道だけ確保させてくださいと山へ向かって言う。近くの山は保守的に、遠征先では自由気ままに歩きます。
    山の中で、よく「整備の方ですか?」と聞かれますが、私は、ただの登山者です。登山者は多かれ少なかれ、みんな整備の人だと言いたい。下へ転げ落ちそうな石があれば道端へ避け、トゲのツルが垂れ下がっていたら、除けておく。道を間違えれば、後続の人が同じ目に遭わないようにテープなどで印を付けておく。山道は荒れない程度に少しずつ整備し続けるのが良い。

    次の世代を担う子供たちに、自分で山道を歩いて何かを感じていただきたい。山は管理された施設ではないので、危険だ!何かあったらどうする?などと問われがちですが、多少の怪我はしても良いではないか。人だけでなく、動植物までも思いやる人になってほしい。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1965
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

可部冠山(南原峡)・大掛山・堂床山

2016/05/23(月) 22:03

 更新

夜中にたどり着いた可部冠山

公開

活動情報

活動時期

2016/05/22(日) 05:18

2016/05/22(日) 12:11

アクセス:596人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,859m / 累積標高下り 2,960m
活動時間6:53
活動距離18.58km
高低差617m
カロリー2543kcal

写真

動画

道具リスト

文章

前日(土曜日)の夕方、外出許可が降りた。妻子は「勝手に行けば」と行い残し、外食に出てしまった。さあ私の時間だ、三瓶山でテン泊して、ゆっくり星空でも眺めよう。まず、温泉に入って、焼き肉して、ビール飲んで・・・と思いながら、準備を進めた。さあ出発だ、ええっ もう19:30。とりあえず、三瓶へ向かって車を走らせたが、昼間、庭の草取りを行った汗で気持ち悪いから、お風呂に入りたい。ああもう三瓶温泉へは間に合わない、急きょ行き先を変更し、木次「おろちゆったり館」へ到着した。しかし、入館時間をわずかに過ぎていた。温泉セットを持ったまま呆然と立ち尽くす私。

今さら帰宅するのもいやだしなー。何も、思いつかないまま、松江自動車道を、中国山地の方向へ走っていた。もう風呂はあきらめて、どこかの山へ行こう。とりあえず、焼き肉をし、ビールが飲めるところを探そう。

駐車場があり、適当に歩けるコースとして、以前地図で見ていた「可部冠山」を思いついた。カーナビの言われる通りに走り、23時にようやく到着。辺りは真っ暗、車から降り、頭に付けたヘッドライトを頼りに、恐る恐る歩く。うっそうとした木々、横には川が流れている。何かいるぞ!いきなり、川から這い上がってきた鹿4頭が目の前を走って行った。トイレ施設,登山口の看板を発見して、一安心。ようやく焼き肉を開始した。辺りの暗闇から別の獣が出てきそうで怖いから、さっさと終了。車のシートを倒し、ビールを飲むとすぐ眠りについた。

夜中に、ふと目を覚ますと、隣に車が停まっていた。午前2時、若者が騒いでいる。うるさかったが、そのうち意識が遠のき、気がつくと朝になっていた。5時半、寝ぼけたまま、必要な物をザックに詰め込むと、フラフラと歩き出した。Yamapの地図を見ると、円を描くようなコースになっている。それに従い、最初はこっちだなー。

新しいザック(カリマー40L)はデザインに惚れ込んで購入したが、出番が無く、自宅に置きっ放しだった。テン泊の練習をしておかなければと、テントと寝袋を押し込んだら、他の物が入らなくなった。まずは背負う練習からやろう。それと、靴がずいぶん痛んだので、色違いの靴を購入した。前の靴は、布には穴が空き、靴底も剥がれている。おそらく1000km以上は一緒に歩いてくれた。先週、岡山の那岐山での使用が最後となった。

Yamapで、地図上を歩いているか確認しながら進んだ。分岐点-中倉峠から、本当の登山道が始まり、山へ向かって入って行く。朝、早いせいか、少し進む度に、鹿が走り、ピーピー鳴いて仲間に危険を知らせる。逃げようとして慌てたキジが私の前に出て来た。その他、大小の獣が走る音で騒々しかった。虫も多くなってきた。目の前を飛んで目に入るやつ、体の周りをグルグルするやつ、それに、蜘蛛の巣も。

朝7時頃、山車展望台道に到着。景色が良いし、岩と砂の地面なので、火が使える。朝食にしよう。お湯を沸かしたが、コーヒーの粉が見つからない。夕べ焼き肉のゴミと一緒に車中に置いて来たのか。仕方がない、アルコールが残っているお腹へ、コーラとパンが追加された。朝の涼しい時間帯だが、いくつか峠を越えると、暑くなってきた。悪い汗が出て、体調が良くなって来た。

8時、大掛山への分岐点に着いた。ピストンしたくなかったが、せっかく来たので、ついでに行ってみる事にした。道のほとんどは、林の中の落ち葉道だが、所々にある巨岩がおもしろい。何かに削られ、角が取れた花崗岩、なぜ山の上にあるのだろう。

縦走路のルートに戻り、さらに進んで行った。朝の9時を過ぎると、めっきり獣に出会わなくなっていたが、獣だ 失礼m(_ _)m、人間(3名)でした。
人「どこから来られましたか?」
私「向こうの山を回って、それから、大掛山へ行って来ました」
人「えっつ、山を走って来られたんですか? 一日では歩けませんよ」
私「朝早くから歩いておりますので・・・たぶん大丈夫です」

しばらくして、可部冠山736mへ到着。メインのお山だけあって、砂地に巨岩が折り重なる山頂は、視界を妨げる木もなく絶景です。遠方の山々は、歩いて来たであろう尾根と、その向こうに、うっすらと「白木山」が見える。ここで昼食にしようと考えていたが、まだ10時だし、お腹もすいてない。ふと見ると、岩の上に人が座っておられた。GPSを持参されていたが、「ほーらこれ便利ですよ」と、Yamapを紹介させていただいた。

歩き出した。すぐに分岐点「西冠山」へ到着。ここからも下山できるが、外周りコースを選択した。以降、地図では分からないアップダウンが続き、体力を消耗した。地図上では、ダムを眺めながら尾根を歩く気持ちの良い道を予想していたのだが、ずーっと林の中で、景色はありません。最後にそびえる山「堂床山」へ近づくと、登り坂の連続。天気が良く、むし暑いのも手伝ってか足が重くなってきた。堂床山、標高860mもあるではないか。縦走コースの中でも際だって高く、一等三角点も分かるような気がした。

あとは下るだけかと思いきや、滑りそうな急勾配がとことん続く、途中、登山者4人に出会ったが、立ち止まったまま表情も険しかったので、一言声をかけただけで通り過ぎた。最後の階段を降りきると、谷川へ出た。今日はとにかく暑いので、小川で泳ぎ、滝にうたれたくなったが、我慢。水で顔を洗い気分爽快。そこから、少し歩くとスタート地点が見えてきた。

ちょうど昼の12時。とにかく暑いし、食欲もないので、カップ麺を食べた。わざわざ重い水や道具を、リュックに入れて運ぶ必要がなかったのでは、いやいや、リュックにある程度入れて運ぶ練習にはなったぞ。肩と首が少しだるいので、リュックのベルト調節が必要かもしれません。

山道は、ほとんどが落ち葉なので、火を使えそうな所は、「山車展望台」と「冠山山頂」だけです。トイレは、登山口のトイレしか使えません。

15時頃、高速を降りてすぐ、再び「おろちゆったり館」へ戻ってきた。やっとお風呂に入れました。^_^)16時、娘の迎えにもぎりぎりセーフ。全く計画性のない山歩きでした。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン