YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

定山渓天狗岳・・・こんなに大変だったの。。。

ARMADAさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:
  • 性別:
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

札幌岳・余市岳・砥石山

2016/05/22(日) 20:48

 更新

定山渓天狗岳・・・こんなに大変だったの。。。

公開

活動情報

活動時期

2016/05/22(日) 09:06

2016/05/22(日) 13:28

アクセス:306人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 757m / 累積標高下り 771m
活動時間4:22
活動距離4.66km
高低差743m

写真

動画

道具リスト

文章

久しぶりの夏山です。
今回も自転車をからめての登山。
最初と最後にある林道歩きをなくせるのは、いいですね。
途中にある水たまりなんかもスイスイ。
でも、この間の強風で倒れたんでしょうか?倒木はちょっと大変。

登山口からしばらくは、気持ちの良い林間歩きで、この後くるいろんなものは、まったく想像できません。
が、渡渉がはじまると、だんだん心が折れそうになります。
水が多いので、どこもだいたい1mくらい幅があります。微妙な広さです。
右に左にと、どっちかにしてくれーと叫びたくなります。もー。
そして、ロープ場でガケ登り&トラバース、眼前に雪渓と気持ちがめげます。
天狗の洗礼ですね。
ここら辺で戻られた方もいましたが、ある意味、正解だったと思います。
再度、渡渉を繰り返し、2度目のロープ場。
このあと、しばらく乾いた山道を行くと、濡れた岩場、雪渓を避けて端歩きをさせられます。
やっと核心のルンゼ登りかと思いきや、そのまえに斜度のある雪渓歩きです。
雪が柔らかいのでキックステップで登り、ルンゼ、そして頂上って感じです。
頂上では、待望のラーメンを食べながら、プチ花見!(しかし、アッついねー)
帰りの雪渓下りが、ちょっと心配でしたが、慎重にゆっくり行けば大丈夫でした。

この時期、花はたくさん咲いてましたが、見る余裕はあんまないですね。
雪渓なんかがなくなりそうな、6月に入ってから行った方がいいかもしれません。
あらためて定天は、遠くから眺めるのが一番ですね。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン