YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

鍋尻山のフクジュソウ、小鍋尻山、地蔵山

ヤマノボラー・Minaphmさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:週末ヤマノボラーです。山に登り始めてはや40年、滋賀に来て20年を超え、鈴鹿、比良、比叡、湖南の山はほぼ一通りは登りました。最近は京都北山、伊吹山地、野坂山地も歩いています。夏は毎年一度日本アルプスに登っています。詳しくはこちらをご覧ください。http://minaphm.wktk.so/mountainfs.html
    こだわりは、眺望と花です。山から山の眺望は、片方からもう片方が見えたなら、できるだけもう片方からも眺めてみて写します。滋賀の山と京都北山は上記HP上で4000枚以上公開中。山で見た花も、高山植物175種類以上、その他600種類以上を公開中です。三角点にもなぜかフラフラと吸い寄せられます。ただの石の棒なのにね^^
  • 活動エリア:滋賀, 京都, 三重
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1961
  • 出身地:和歌山
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

霊仙山・烏帽子岳・三国岳

2016/06/23(木) 18:31

 更新

鍋尻山のフクジュソウ、小鍋尻山、地蔵山

公開

活動情報

活動時期

2016/03/27(日) 10:17

2016/03/27(日) 14:09

アクセス:192人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 672m / 累積標高下り 700m
活動時間3:52
活動距離6.79km
高低差302m
カロリー2119kcal

写真

動画

道具リスト

文章

鈴鹿山脈北部の鍋尻山は、その特徴的な形や石灰地形の山として知られ、また春にはフクジュソウの山としても知る人ぞ知る状態の山です。この辺でフクジュソウの山といえば、藤原岳と霊仙山の両横綱がいますからね。

自分にとっては3度目、久々に鍋尻に登りますが、実はフクジュソウの季節は初めて。それで、せっかくなので、西内氏のガイド本(鈴鹿の山・万能ガイド)を見て、フクジュソウ見るならこのルート(29番)かな?と、保月から東尾根から登るルートで登ってみることにしました。また、これだけでは消化不良なので、ついでに周辺の二山、小鍋尻山と地蔵山にも足を延ばしました。途中までは快適な山旅でしたが、西内氏も指摘していたように巡視路が最後のほうで、大きく荒れており、踏み後も消え、しかたなく谷に下ってしまいました。ここで、大きな勘違いをして、地図も見ずにどんどんと谷を下ってしまい、登りなおす羽目に。まあ、地図は定期的にしっかり確認しましょう!ってことを久々に教わりました。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン