YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

去年やり残した丸滝谷~金剛山(5回目)

マサヤンさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:まいどです!!
  • 活動エリア:滋賀, 京都
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1969
  • 出身地:
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:初心者
  • その他 その他

金剛山・二上山・大和葛城山

2016/05/26(木) 02:54

 更新

去年やり残した丸滝谷~金剛山(5回目)

公開

活動情報

活動時期

2016/05/25(水) 08:13

2016/05/25(水) 14:27

アクセス:287人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,509m / 累積標高下り 1,512m
活動時間6:14
活動距離8.35km
高低差706m
カロリー4013kcal

写真

動画

道具リスト

文章

去年の10月に、行った丸滝谷。本来はずっと沢を進んで行けば良いけど、道が荒れていて途中から沢を離脱しました。で、今回はそのリベンジです。

石ブテ橋~六道の辻(丸滝谷)
大堰堤から先は、終始沢の中を歩く。ルート自体は沢を間違えずに行けばそれ程ではないモノの、足場が良くないので、気を抜くとコケに足をすくわれます・・・あと、数え切れないほどの滝がありますが、気を抜かずに丁寧に行けばロープや巻き道等が充分整備されています。

六道の辻~山頂広場
丸滝谷を行った後にここを行くと、評す抜けするくらいに平和な道。ただ、枝道のようなモノが多く始めて行くと迷いそうになるけど、結局再合流したり違う場所ではありますが、金剛山方面へ行けるのでそれ程胃にする必要は無いと思います。

六道の辻~石ブテ橋(太尾道)
下りで使うとそこまで思いませんでしたが、上りは結構な急登&階段で、なかなか曲者なルートだと思います。実際、登りで来られたお兄さんの鬼の形相が急登で苦しいのが良く分かりました。その分下りも気を付けないといけませんが、グリップ自体は良いのでゆっくり下りればさほど気になる程でも無いと思います。

今回、天気が中途半端な予報で、本来行く予定だった所とどちらに行くか悩み処でしたが、より確率の低い金剛山をチョイスして、結果的に良かったです。去年から気になっていた丸滝谷も、楽しむ事が出来た(また行きたい!!)し、結果的に天気も問題無く、言う事無しの一日でした!!


あ!!最後に下山のお風呂にと考えていた、「かんぽの宿奈良」の温泉がちゃんと調べて行ったにもかかわらず、「平日は夕方6時から」と言われ、やむなく少し戻ってスーパー銭湯に変更したのがちょっぴり残念でした・・・


AM  8:13 石ブテ橋
    8:35 大堰堤
    8:58 丸滝谷出合
   10:43 六道の辻
   11:20 山頂広場(昼食)
PM 12:20 出発
   12:49 六道の辻
   13:08 太尾塞跡
   14:27 下山





コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン