YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

独り占め快晴の空木岳

玉ちゃんさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:千葉から車中泊しながら山に登っています。途中休みがありましたが初めて登ってから半世紀、70歳です。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1946
  • 出身地:
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:初心者
  • その他 その他

木曽駒ヶ岳・空木岳・将棊頭山

2016/05/27(金) 17:23

 更新

独り占め快晴の空木岳

公開

活動情報

活動時期

2016/05/23(月) 04:00

2016/05/23(月) 15:00

アクセス:263人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 0m / 累積標高下り 0m
活動時間11:00
活動距離0m
高低差0m

写真

動画

道具リスト

文章

前日光岳を目指し易老渡に向かうが手前数キロのところで歩行者も立ち入り禁止、登るとなれば大井川方面よりしかなくやむなく断念。

次の目的地、空木の登山口に向かい林道終点で泊、単独駐車、積雪が心配だが気温が高いので氷結はないだろうとアイゼンは持たないことに。人の気配がないのでクマよけの鈴を高らかに鳴らして登ることにする。今日は長丁場なので明るくなって早朝4時出発、コースは約2時間ぐらいは緩やかな登りのはずが、タカウチバから池山経由に入って時間を少しロス。池山小屋の水場で水を調達するつもりで空で来たが、水がちょろちょろ、テレビで見たときには大量に出ていたので当てにして、もし出ていなっかたら危なかった。マセナギからヨナ沢の頭まではやせ尾根で鎖場とはしご場でかなり時間がかかりまた新しい靴の足跡がなく登っていいのか心配になった。
ヨナ沢の頭を過ぎて単独登山の女性と出会った。雪の状態を聞くとアイゼンが必要ないと言う少し安心。
雪は北面のハイマツ帯前まで30分ぐらいしかなく心配なかった。ハイマツ帯からは天気は快晴人もいない最高の気分。
頂上にも誰もいないし下を見ても誰も登るのが見えない。
結局数キロ以内には自分ひとり(空木岳をハイジャックだー)
おにぎりを食べセルフタイマーで記念写真を撮り景色を写し名残が惜しいが下山する。
下山では2名の男性登山者と出会った。
11時間の中で今日山にいたのは、自分を入れて4名でした。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン