YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

2016/5/27 南牧村エリア 碧岩・大岩

Atsupinistさん YAMAP Meister Silver

  • YAMAPマイスター:シルバー
  • 自己紹介:2015年6月に立山を訪れ、雄山へ登った事を機に登山を始める。
    当時は登山に対する意識、装備共に甘く、山の厳しい洗礼を受けて改心する。
    以後、長野、新潟、群馬、奥武蔵、奥秩父の山々を登り、これらの山行経験を基に知識を深め、徐々に装備を整えつつ現在に至る。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1980
  • 出身地:
  • 経験年数:6ヶ月未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

南牧村(群馬県)

2016/05/28(土) 19:03

 更新

2016/5/27 南牧村エリア 碧岩・大岩

公開

活動情報

活動時期

2016/05/27(金) 11:27

2016/05/27(金) 15:49

アクセス:102人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 931m / 累積標高下り 903m
活動時間4:22
活動距離5.54km
高低差617m

写真

動画

道具リスト

文章

悪天により、正午にかけて回復予報だった両神山を目指して出発したものの、通勤ラッシュ時と駅前集合が相まって、見事渋滞に巻き込まれる羽目に…
鎖場天国と名高く、それ相応の山行時間を要する両神山八丁峠からのピストンにおいてこのロスは大きく、更に雨上がりの濡れた岩場での慎重な登攀が強いられるのは必須で、足場の悪さとぬかるみ等を考慮すればこの山岳修行を乗り切るのは不可能と判断。
とにかく腹ごしらえを兼ねて、高坂SAにて急遽作戦会議!
いかんせん両神山は今回を含めればトータル3回も天候に恵まれず、どうしても諦めのつかない私に相方が以前一度登攀経験のある碧岩・大岩を提案してくれ、我が愛すべき南牧村エリアに賭ける事に。
幸いこの選択が功を奏し、スリリングな岩場は言わずもがな、半分諦めていた眺望も充分に楽しむ事が出来ました♪
両ピーク直前の鞍部まではザレた湿地帯の沢沿い歩き、九十九折急登における木の根と湿った土は滑りやすく、特に注意が必要でした。
全行程で細心の注意を払っての山行となりましたが、やはりこの様な曇天時にしか味わえない光景や雨水を含んだ森の匂いは格別で、滝の存在や沢音も加わり我々のテンションは上がりっぱなしでした!!
核心部ではロープを使った登攀及び下降が非常に難しく、恐怖を勇気に変える瞬間が何度もありましたが、山頂で待つ素晴らしい眺望はさすが南牧の山。
午前中の悪天を感じさせない最高のプレゼントでした^o^

本日の教訓
「最後まで決して油断するな」

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン