YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

呉娑々宇山 みくまり峡 挫折と再チャレンジの誓い

ジェダイトさん YAMAP Meister Gold

  • YAMAPマイスター:ゴールド
  • 自己紹介:未記入
  • 活動エリア:広島
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1970
  • 出身地:
  • 経験年数:1年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

広島市

2016/05/30(月) 18:47

 更新

呉娑々宇山 みくまり峡 挫折と再チャレンジの誓い

公開

活動情報

活動時期

2016/05/28(土) 09:49

2016/05/28(土) 14:37

アクセス:127人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,409m / 累積標高下り 1,377m
活動時間4:48
活動距離12.17km
高低差663m
カロリー2525kcal

写真

動画

道具リスト

文章

本日は小雨のちらつく曇天の中、自転車で水分峡(みくまり峡)/呉娑々宇山(ごさそうざん)へ向かいました。
広島市在住の方でも「水分峡」が「みくまり峡」と読む事を知っている人は少ないのでは?
私は初めて知りました。また名前はよく耳にするが実際どんな場所なのかも認識できていませんでした。
こんなに良い山が近くにあったなんて!

広島駅新幹線口で弁当を買ってスタート。
街中を走り鶴江2丁目の三叉路を過ぎたあたりから急な坂になるので自転車は押してみくまり峡管理棟まで歩きます。
管理棟で支度を整え登山道へ。
序盤結構キツイ急登がしばらく続きますが、ある程度登ってしまえば気持ちの良い尾根道や岩場があり楽しい山道です。

残念ながらこの日は霞んでいて思っていた以上に眺望は良くありませんでした。
まだ前半なのですが、この先は苦行のようなテンションで先に進みます。

岩谷観音跡地は特に何もありません。
ベンチとテーブルが置いてありましたので休憩できるのですが、この日は虫が多かったです。

高尾山山頂手前の晴れていれば眺望の良い広い岩場があります。
先客が寛がれていたので先に進み更に山頂手前のロープを使って登る岩場へ。
高所の苦手な私にはかなりドキドキでした。慎重に登らなければいけません。
(逆からのルートでここを下るのは、私には無理かもしれません。)

高尾山山頂からバクチ岩を目指します。下って登る結構キツイ道のりでようやく分岐に到着。
バクチ岩で食事をしようと思っていたのですが、大ベテランの方達7~8人がお食事をされていたので先に進みます。
少し先に行ったところで木々の間から目的地の目印、テレビ塔が見えた時に心が折れました。。。 ○| ̄|_
1.3kmくらいだったと思うのですが、とても遠くに感じてしまいこの日は呉娑々宇山山頂はあきらめる事にしました。

下山の途中に適当なところで食事を取ろうと思っていたのですが、適当な場所も見つけられず、
写真も撮る事もなく、ダラダラと管理棟まで下りて来てしまいました。不完全燃焼。。。
体力不足とハートの弱さを痛感する山行となりました。
「山のおべんとう」という名前の弁当を家で食べながら再チャレンジを誓うのでした。
P.S.
野鳥(小鳥)が多く居ました。美しいさえずりを堪能する事ができました!

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン