YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

雲海を望む扇ノ山山頂

Masaki905さん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:学生時代を思い出して山歩きを再開して3年ちょっと。なかなか時間が取れませんがいつかは富士山を目標に近場からぼちぼちやっています!
  • 活動エリア:兵庫
  • 性別:男性
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:公開しない
  • 経験年数:5年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

扇ノ山

2016/05/30(月) 22:38

 更新

雲海を望む扇ノ山山頂

公開

活動情報

活動時期

2016/05/28(土) 11:14

2016/05/28(土) 16:20

アクセス:159人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 910m / 累積標高下り 902m
活動時間4:44
活動距離10.12km
高低差419m
カロリー2506kcal

写真

動画

道具リスト

文章

梅雨入り前の週末を利用して、兵庫ナンバー4の標高1310m(ただし山頂は鳥取県で、兵庫側のサブピークの大ズッコは標高1273mみたい)の扇ノ山に登ってきました。5/28朝の天気はいまいちで雨は上がったものの天気予報通り晴れるか不安な気持ちとともに自宅を出発、佐用平福インターから鳥取自動車道の無料区間を一路北上して鳥取県・河原インターを目指します。途中の中国山脈越えでは雨がパラパラと先行きの不安がよぎりましたが、河原インターからはナビに従ってJR因美線・郡家駅脇をかすめ今回のスタート地点である姫路公園登山口を目指しました。最後の10km強は強烈なのぼりの林道で目の前を雉やシカが横切ったりとスリル満点ですが、舗装もしっかりしておりことのほか走りやすい道でした。
姫路公園登山口下の道路わき駐車スペースに止めて登山開始です。先客は1台のみで天候の影響か登山客は少なめの予感。ただこの天候のおかげで山頂では素晴らしい景色に出会うのですが!!
登山口にはお決まりのクマに注意の看板が、今日も無駄な出会いの無いようにとお祈りをしていざ山頂へ!出だしは渓流沿いを流れを何度か跨ぎながら緩やかなのぼりです。スタート地点が900mもあるので、渓流を離れてすぐの登りで既に1000m通過です。その後のきれいに整備された登山道をひたすら登りますが、コース全般に言えることですが、ところどころブナの巨木がぽつんとそびえ立っていたりして表情豊かな自然林を堪能できる登山コースです。1000mから1300mまで一気に登るとあとは尾根づたいに山頂に到着です。
山頂には2階建ての立派な避難小屋があり、2階の窓から周りの山々が一望できるはずでしたが、なんと言うことでしょう~~~朝の雨のおかげで周りの山々はガスってまるで雲海のうえに突き出した天空から周りの山々を見下ろす絶景が広がっていました!!!!
天気を心配しての登山でしたが、登ってよかったと感動の瞬間でした。
その後、山頂でコンビニおにぎり2個をほうばってから、兵庫側のサブピーク大ズッコ1273mをピストンして、来たルートとは違うふるさとの森コースから下山しました。こちらのコースも登りの姫路公園ルートと同様きれいに整備されておりコース等全く不安の無い快適な山歩きが堪能できます。ここでもブナの大木にぽつぽつ出会って特に山頂から出だしの尾根歩きは遠くに氷ノ山や三室山も望めて気持ち良く歩けます。
登山口に下山後は登り口の車まで舗装された林道をとぼとぼ5km歩いて帰ります。山登りというよりは完全にウォーキングですが、道中すれ違う地元のおじさん・おばさんのクルマが心配して”なんで歩いてるの道間違ったん”と心配して声をかけてくれたのが印象的でした。やっぱり、一般道を歩くときは無駄に心配されないようにはお遍路さんの恰好が一番ですかね!?
最後のウォーキング中には晴れ間ものぞき、いまいちの天候でも山頂での絶景に出会えた最高の土曜日でした!!

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン