YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

さあ やるか。

ノドクサリさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:地元(島根)の低山を徘徊しております。
    ホームは出雲北山

    ノドクサリ(ネズミゴチ)砂地でよく釣れる外道の名、触るとヌメリ,異臭が手に着き、嫌われる魚ですが、他魚と同様、一つの命という意味をこめて。
    2014年の夏頃近所の山を歩き出し、秋からYamapを開始。

    魚釣りに20年以上没頭しておりましたが、子供の成長など家庭の用事には逆らえず、ついに深夜の釣りしかできなくなる。悶々とした日々を送っていたが、健康診断ではメタボの診断を受け、運動の為、近所をトボトボと散歩する。ウォーキングを近所の人に見られるのが恥ずかしく、山道を歩くようになった。目標となる山頂へやっと到達するだけだったのが、少し体力がつき、様々な脇道,マニアック道に興味がわいてくる。

    ずーっとソロで獣道のような所を歩いていたが、ある日、子供たちが歩きやすいようにと、整備されている人と出会う。それ以来、リュックには、「赤テープ,ノコギリ,鎌,ゴミ袋」を常備しており、整備を兼ねた登山をするようになった。自然豊かな山は、多様な生物の居住地でもありますので、なるべく手を加えず、人が歩ける最低限の道だけ確保させてくださいと山へ向かって言う。近くの山は保守的に、遠征先では自由気ままに歩きます。
    山の中で、よく「整備の方ですか?」と聞かれますが、私は、ただの登山者です。登山者は多かれ少なかれ、みんな整備の人だと言いたい。下へ転げ落ちそうな石があれば道端へ避け、トゲのツルが垂れ下がっていたら、除けておく。道を間違えれば、後続の人が同じ目に遭わないようにテープなどで印を付けておく。山道は荒れない程度に少しずつ整備し続けるのが良い。

    次の世代を担う子供たちに、自分で山道を歩いて何かを感じていただきたい。山は管理された施設ではないので、危険だ!何かあったらどうする?などと問われがちですが、多少の怪我はしても良いではないか。人だけでなく、動植物までも思いやる人になってほしい。
  • 活動エリア:
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1965
  • 出身地:
  • 経験年数:3年未満
  • レベル:初心者
  • その他 その他

日御碕

2016/05/29(日) 20:17

 更新

さあ やるか。

公開

活動情報

活動時期

2016/05/29(日) 09:52

2016/05/29(日) 12:56

アクセス:474人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,142m / 累積標高下り 1,161m
活動時間3:04
活動距離7.80km
高低差520m
カロリー1287kcal

写真

動画

道具リスト

文章

この土日、ほとんど時間が取れない。
-------- 5/28(土) --------
土曜日の夕方、上の子(高3女)をむかえに行った帰り、17時~壊れたベンチの修理を行った。
娘「ここどこ」
私「みせん広場駐車場、登山道のベンチを直しに行くから」
娘「私も行くの? どれぐらい登るの」
私「150mほど」
娘「テニス練習着のまま、仕方なく着いてくる」

10分ほどで、ベンチの場所まで到着した。
私は、5cmのネジを外し、6cmに付け替え,+ 補強金具の取り付けを手作業で行った。
娘「半そで半ズボンだから、蚊に刺されるんだけど」
私「動いていれば大丈夫。山頂まで登ってきてもいいぞ、あと30分ぐらいだよ」
娘「その辺をジタバタしている」
作業は、ほとんどのネジを付け直し、18:30頃になってしまった。
ドライバーを押し当てた手のひらが痛い。
娘「私も手伝う」と言って、3本ぐらいネジをしめてくれた。やっと完成。
19時、暗くなりかけた道を下山、娘「足が止まらない、滑るー」と叫びながら。確かに下りは滑る。

-------- 5/29(日) --------
本日(日曜日)、10:00~13:00しか時間が取れない。
仕方ない、ちょっと行ってみるか~。
矢尾に自転車をデポした。(約6km先)2時間半で素早く縦走し、帰って来よう。
登山道途中で、小学生,親子たちの列に追いついた。見ると、私の師匠U様が先導しておられた。
師匠のU様は、2年前に崖崩れで荒れ放題だった道を、何カ所も手作業で付け替えられた。また、山頂のシンボル(榎木)の根を保護しようと、崩れかかった山頂に石垣を築こうとしておられる。私も、数回に分けて石を運んだが、倒木処理より遥かに大変な作業です。この作業はまだ続きます。
Uさんは、ゆっくりと歩きながら、子供たちに、丁寧に説明をしておられる。トライアスロンをされる強靭な肉体の持ち主とは思えないほどのんびりとしておられ、そのしぐさに見入っていた私でした。
私が列に追いつくと、気が付かれ「ベンチを設置した方です」と紹介された。
私「ひえー、昨日の夕方直しておいて良かった」「ドキドキ」
私は、列の一番後ろから、子供の声,歩き方、親さんの話を興味深く聞いておりました。
山頂手前の岩道に差し掛かると、子供は、こわごわと足を上げ、杖を突きながら、「下を向くと怖いぞ」とか、「こんなに登ってきたんだぞ」と、振り返ったりしておられました。間もなく、山頂に到着。
みなさま、疲れ切っておられました。山頂の芝生に座りたい所ですが、あいにく小雨模様、「小屋で昼食にしましょう」と、小屋の中に入って行かれました。
いつも一人で歩いている私は、親子の歩き方がとても参考になりました。やはり、弱者が多く歩かれるこの修理免登山道をもっと、歩きやすい道に整備しなければと、改めて思った。私は、「さようなら」と手をふり、縦走路へと進んで行きました。

歩き出すと同時に、二人のトレラン者とすれ違いました。旅伏(約13km先)から走って来られたようです。
縦走路は、多少荒れてはいるけれども、健脚な登山者、トレランの方々が走られる道なので、この道は、危険な個所だけを整備する程度で良いと思う。

雨の中、縦走路を進むと、倒木だらけでした。5月の連休の大風で倒れてのでしょう。木が湿っていて、ノコギリが入りにくいが、大きな木は地面に落とし、小さな木は、道から除去して行きました。
雨が大降りになり、写真撮影は出来なくなりましたが、それに加えて帰宅時間が迫って来た。終わりが決められている登山は、面白くない。現在地からの、下山に必要な時間,車で帰宅までの時間を、逐次チェックしておかないといけないのだ。
これだけ、倒木に時間がかかったら、チャリをデポした矢尾までなんて到底無理、そそくさと下山した。何だか、先日のペキンさんと同じような日記になったぞ。
国道に出ると、100kmマラソンの札がありました、一人のランナーに抜かれましが、それでも小走りで急いで車までたどりつき、即帰宅しました。
下の子を出雲ドームへ連れて行き、夕方まで、雨の中、サッカーしている息子をボーっと見ておりました。チャリは夜、取りに戻った。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン