YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

加賀富士とプチバイクツーリング

ソラリスさん YAMAP Meister Master

  • YAMAPマイスター:マスター
  • 自己紹介:気が付けば29年間、会社に勤めた事になります。出身は富山なのですが、首都圏勤務が長く、元々、車やバイクで全国を巡るのが好きで、何時の間にか山を訪れて旅行を兼ねて愉しむ山旅スタイルになっていました。何となく各位の山行日記の投稿が高山植物に似ているのかなと感じてます。メンバーさん一人一人の投稿が花です。花の愉しみ方は人其々で、自分はひっそり咲いている花を探すのが好きなようですが、百名山登山に憧れ、残りは8ですので華やかな花にも強い憧れが在りそうです。投稿は減りそうですが時々、花を探しにYAMAPを訪れたいと思っています。
  • 活動エリア:富山
  • 性別:男性
  • 生まれ年:1964
  • 出身地:富山
  • 経験年数:10年以上
  • レベル:初心者
  • その他 その他

奈良岳(倉谷三方岳)・大門山

2014/11/10(月) 08:30

 更新

加賀富士とプチバイクツーリング

公開

活動情報

活動時期

2014/11/08(土) 13:03

2014/11/08(土) 16:59

アクセス:466人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 3,234m / 累積標高下り 3,221m
活動時間3:56
活動距離10.31km
高低差617m

写真

動画

道具リスト

文章

朝、用事が在って、出発が遅くなりましたが、五箇山の大門山にプチバイクツーリングを兼ねて登ってみる事にしました。

五箇山の県道54号線のブナオ峠までの道が問題でゲートが空いている可能性が強いと聴いては居たのですが、道すがら岩が転がっている処も在りましたので、自動車で峠まで入る事が出来るのかどうかが一番の問題だと思いました。

ブナオ峠の登山口には、金沢からオンロードバイクで来ている人も居て、車は6、7台程度、来ていました。ブナオ峠から金沢方面は通行止めになります。


ブナオ峠までの小矢部川支流沿いの紅葉は終盤でしたが、ブナオ峠は峠に在った大きなぶなの木に因んで付けられた名前で、この山域の最盛期の紅葉も、とても綺麗なのだろうと思います。

ブナオ峠から大門山までは標高差600M、1.5~2時間程度の登りになりますが、危険な処は特に無く、軽登山のイメージになると思います。大門山の近くに赤摩木古山が在り、 セットで登るのが一般的なようで、両方登ってきました。

金沢とは仕事で繋がりが在ったり父が金沢の大学出身ですが、富山県人で在れば何かしら金沢とは繋がりが在るのでは無いかと思います。大門山は日本三百名山の一つで、金沢では金沢富士とか加賀富士と云われているそうです。「故郷は遠きに在りて思うもの」で有名な室生犀星は金沢出身で、加賀富士が作品の中にも取り上げられています。首都圏勤めが長かった自分には、言葉の意味が身に沁みる事が時々、在ります。

曇天で登山者も少なかった事も在り、チシマ笹が雪を待つ、人気の無い寂しい山頂に独り居ると、室生犀星が若かった時の詩集で、 故郷にて冬を送るの詩で、ある日とうとう冬が来た、たしかに来たという一節を想い出すのですが、此方のサイトの山行記録を拝見して、今年は地元の北陸の低山で霧氷を観てみたいという気持ちも湧いてきているので、それを今年最後の山行にしようかと思っています。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン