YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

でっかい栃の木を見に行こう!

しーほさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:海はエネルギーを放電し、山はエネルギーを充電する。若者は海に通い、大人は山に通う。
    ダイビングを卒業し、登山を始めた私は大人になったということかな~
  • 活動エリア:東京, 山梨, 長野
  • 性別:女性
  • 生まれ年:
  • 出身地:
  • 経験年数:
  • レベル:
  • その他 その他

大菩薩嶺・ 鶏冠山(黒川山)・倉掛山

2016/06/13(月) 19:56

 更新

でっかい栃の木を見に行こう!

公開

活動情報

活動時期

2016/05/29(日) 09:25

2016/05/29(日) 14:40

アクセス:255人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 2,064m / 累積標高下り 2,211m
活動時間5:15
活動距離11.91km
高低差665m
カロリー2173kcal

写真

動画

道具リスト

文章

多摩川の源流にある小菅村。
そこは東京都の水源林としてブナやミズナラなどの巨木が多く残る山でした。

まずは上野原駅から鶴峠までバスで1時間ほど乗車します。
バスは全員が座れる程度の人数で出発し、終点の鶴峠までいた人は15人位でした。
鶴峠から右に行けば三頭山、左に行けば大菩薩です。
今日は左の大菩薩方面へ牛ノ寝通りを歩きます。

奈良倉山では富士山が上のほうだけ見えました。
そして松姫峠を通り、鶴寝山でランチタイム。
すでに12:30なので、当初は大マテイ山を踏んでから栃の巨木コースに行く予定でしたが、 プラス2時間だと温泉に入る時間が短くなるということで、大マテイ山は今回カットしました。
山沢入りのヌタから栃の巨木コースにすすみます。
それにしても、「マテイ」とか「ヌタ」とかかわった地名だな~

山沢入りのヌタから15分で目的の栃の木が、ドーンとありました。
写真で見た通りに、本当に大きかったです。
でも空洞もあり、中にハチの巣もあったりしました。

巨木コースを下り、わさび田を通って小菅の湯へ
小菅の湯は強アルカリ性なので、お肌がぬるっとする感じでした。

登山道はきちんと整備されており、新しい標識もあり、道迷いはありませんでした。
紅葉の季節にまた来たいと思える、新緑がきれいで静かな山域でした。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン