YAMAP

山登り・アウトドアの新定番

Language▼

ゲストさん

ホーム

ササユリを求めて田辺廃寺跡から明神山

ふぁんトントさん YAMAP Meister Black

  • YAMAPマイスター:ブラック
  • 自己紹介:生駒山系を中心に低山徘徊を楽しんでいます。古道、廃道、鉄塔巡視路など人の少ないところを好む傾向があるようです。

    生駒山系ローカルガイドのモデレーターを務めています。
    https://goo.gl/CkXGyk

    Facebookページ
    http://fb.me/2015juantonto

    Google StreetView|Trusted Photographer
    https://goo.gl/6Frrdj
  • 活動エリア:大阪, 奈良, 京都
  • 性別:男性
  • 生まれ年:公開しない
  • 出身地:大阪
  • 経験年数:公開しない
  • レベル:公開しない
  • その他 その他

生駒山・神津嶽・大原山

2016/05/31(火) 21:46

 更新

ササユリを求めて田辺廃寺跡から明神山

公開

活動情報

活動時期

2016/05/29(日) 08:17

2016/05/29(日) 14:06

アクセス:217人

軌跡・時間・距離

軌跡データをダウンロード
累積標高上り 1,091m / 累積標高下り 1,153m
活動時間5:49
活動距離9.44km
高低差277m
カロリー2675kcal

写真

動画

道具リスト

文章

そろそろササユリの咲くシーズン。今年も明神山の「ユリ群生地」の看板に期待をかけて訪問。予想通り一本も咲いていませんでした。蕾すら見当たりません。「看板に偽りあり」なのでしょうか?それとも盗掘されて全滅したのか?はたまた、イノシシの仕業でしょうか?

しかし、美しいササユリはここではなく河内国分から関屋越の関屋地蔵尊を経て尾根道を歩くと出会えます。今年は蕾が固かったですが、一本だけとても立派なササユリが花を開いていました。場所を特定させないためにExif情報をすべて削除して掲載しています。YAMAPユーザーに花泥棒はいませんが、一般公開の活動日記ゆえに配慮しました。ご理解ください。(その他はGPSログから抽出したGeo Tagを追加しています)

ササユリは尾根道を歩けば出会えますが、この時期はマムシ、ヤブ蚊、ハチ、メマトイ、ケムシの懸垂落下などにご注意ください。この日もマムシを発見しましたので、草藪を通過する際は、ストックなどでかき回しながら歩いてください。ケムシは首筋に落ちると、鱗粉でひどい炎症を起こすことがあります。タオルなどを首を巻いて、肌をできるだけ露出しない方が吉です。アップダウンの多い尾根道ですので、息が上がることもあります。防虫ネットなどを利用して、小さな羽虫を吸い込まないように注意しましょう。

今回は、最初と最後の写真以外はPC向け(1920x1080)、iPhone向け(1080x1920)にトリミングしています。(*iPhone5,5C,5S,SE)

追記(2016.06.13)
明神山から藤井への下山ルートを追加しました。一般的なルートではありませんが、分岐付近以外は明瞭で踏み跡もしっかりしています。ただし、急斜面の区間は足元にご注意ください。

コメント

コメントを投稿するには「ログイン」が必要です。
初めてご利用になる方は「会員登録」をお願いします。
会員登録 ログイン